人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.19

子どもがスマホを安全に使うための機能・アプリ、半数の親が「利用していない」

大人だからこそ、節度をもって扱えるスマートフォン。しかし、子どもはそうはいかない。有害サイトを閲覧してしまったり、最悪、何らかの犯罪に巻き込まれてしまったりする可能性もある。小学生~中学生の子を持つ親としては頭が痛い問題だろう。

そこで今回、小学3年生~中学3年生のスマートフォン(以下スマホ)を保有している子どもを持つ、全国の20歳~59歳の男女1,000名(全回答者)を対象に、子どものスマホ利用に関するアンケート調査が実施されたので、早速、紹介していきたい。

子どものファーストスマホ 半数以上が「Android」を利用、2割弱が「中古スマホ」を利用

まず、全回答者(1,000名)に、子どもに初めて与えたスマホの種類(OS)を聞いたアンケートでは、「Android」が53.4%、「iPhone」が39.6%となった。子どものファーストスマホには、Androidスマホを選んだ人が多いようだ。

次に、端末の入手方法を聞いたアンケートでは、「新品を購入」が75.3%となり、7割半の人が新品端末を選んだようだ。「中古品を購入」は4.5%、「家族などの使用済み端末」は13.2%で、『中古端末(計)』(「中古品を購入」と「家族などの使用済み端末」の合計)は17.7%となった。

また、子ども用の初めてのスマホを選ぶとき、どのような点を重視したか聞いたアンケートでは、「親と同じキャリア(携帯電話会社)」が43.6%で最も多く、次いで、「端末代金が安い」(32.0%)、「月額利用料金が安い(基本料・通信料など)」(29.7%)、「周りの子どもたちが持っている」(22.6%)、「家族向けの料金プランがある」(21.8%)となった。自身と同じキャリアを選んだ人や、端末代金や月額利用料金などのコスト面を重視した人が多いようだ。

スマホの三大家庭ルールは「夜遅くまで使わない」「長時間使わない」「アプリやネット上でお金を使わない」

子どものスマホの使い方に対して、家庭でルールを決めているかどうかを聞いたアンケートでは、「決めている」が82.8%、「決めていない」が17.2%と、多くの家庭がスマホ利用のルール決めに取り組んでいる実態が明らかに。

では、どのような決まりや制限を設けているのだろうか。子どものスマホの使い方に対してルールを決めている人(828名)に、その内容を聞いたアンケートでは、「夜遅くまで使わない(夜●時以降は使用禁止など)」が58.5%で最も高く、次いで、「長時間使わない(1日●時間を過ぎたら使用禁止など)」(48.6%)、「アプリやネット上でお金を使わない」(44.8%)、「食事中は使わない」(37.1%)、「知らない人とやり取りをしない」(32.5%)となった。使いすぎ防止のために、夜遅くまでの使用を禁止している人が多いようだ。また、「ルールを守らない場合は一定期間スマホを預かる」が27.1%と、ルール違反をした場合の罰則に関する項目も上位に。

子どもの男女・成長段階別にみると、中学生女子では、「知らない人とやり取りをしない」(44.3%)や「有害なサイトにアクセスしない」(41.3%)、「SNSで人を傷つけるやり取りをしない」(37.0%)が他の層と比べて高くなった。中学生女子の親は、出会い系サイトやSNSなどを通じて子どもが犯罪やトラブルに巻き込まれることを心配する傾向が高いようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ