人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.16

【はたらきガール】鮮魚卸売業・森朝奈さん「毎朝4時半には魚市場へ出かけます。忙しくても仕事が楽しいです!」

「幼い頃から両親の鮮魚店を手伝うのが好きで、タコをパックに詰めたり、しらすを量ったりしていました。最初はお店屋さんごっこの延長。小学校の卒業文集に、将来の夢は『親の跡を継ぐ』って書いてました。カタいですね(笑)」と話す森朝奈さん。

森さんは1986年生まれ、愛知県出身。現在、父親が創業した名古屋の鮮魚店、寿商店の常務取締役を務めている。鮮魚卸売やネット販売のほか、「魚屋の台所 下の一色」などの飲食店も手がけ、見事な手腕で事業を拡大中だ。

ECサイトを立ち上げ、注文の翌朝に魚を仕入れて配送するシステムを確立。直営の飲食店は1店から12店に拡大し、さらに愛知県産ブランド魚『絹姫サーモン』を広めたいとイベントなどを企画。結果、県知事のお墨付きも得た。

そんな今の活躍に至るまでには、努力や苦労も。まず、新卒採用で入社したIT企業の楽天での業務は大変だったと振り返る。そもそもの志望動機はECサイト運営を学ぶためだったそう。

「ECサイトのノウハウを覚えたくて入社しましたが、配属は秘書課。三木谷社長に常に同行し、ミーティングの議事録をとったり、スケジュールを管理したり。初めての仕事だったこともあって大変でしたね。結局、異動は叶わず、ECサイトの運営は退社してから独学で身につけました」

東京から名古屋に戻り、家業の寿商店に入社。当時はアルバイト待遇だった。

「飲食店での接客からトイレ掃除まで、何でもやってました。会社員時代の華やかな世界とはやっぱりギャップがあって、プライドもあったから、苦しかったですね。でも、父は戻ってくる時、『好きにしろ』とすごく自然に受け入れてくれました。悪く言えば放任(笑)。自分の居場所を見つけるために、できる仕事を見つけて打ち込んでいきました」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ