人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.16

健康的な生活を送っている都道府県1位は何県?

人生100年時代の到来を見据え「予防医学」や「未病対策」というキーワードが重要視され、人々の健康に対する関心度が高まっている。しかし、健康に対する意識は人によって差があるものであり、もしかするとその差には、県民性も少なからず関係しているかも知れない。

そこで今回、全国47都道府県各100人を対象にした「ニッポン健康大調査2018」の結果を紹介していく、なお、本調査は様々な医師監修の下、新たに未病対策の基本となる健康的な生活習慣の行動について、調和のとれた食事、適切な運動、十分な休養・睡眠、ストレスのない生活、嗜好品の摂取など、“健康5項目”を基に行われたものだ。

「睡眠」「ストレス」「嗜好品」の3項目でトップ!健康生活習慣 実行力ランキング第1位は奈良県

健康生活習慣 実行力ランキング

1位 奈良県、2位 徳島県、3位 山梨県
47位 大分県、46位 愛媛県、45位 青森県

「運動」「食生活」「睡眠」「嗜好品」「ストレス」の5項目におけるポイントが高く、「健康生活習慣 実行力ランキング」で全都道府県1位に輝いたのは奈良県だった。具体的には、寝る前のスマホ回数が少ない、6時間以上、8時間以下の理想的な睡眠時間などの条件による睡眠スコアで1位、飲酒習慣、喫煙習慣がない、などによる嗜好品スコアでも1位、ストレスを感じる頻度によって換算するストレススコアにおいても1位と、心身ともに健全な生活を送っていることがうかがえる結果となった。

食事においても、朝食頻度は高く、外食頻度は少ない、健全な食生活を実践していることがうかがえる。

一方、最下位となった大分県では、運動スコア46位、睡眠スコア47位、食生活スコア43位と、課題の多い結果に。意識調査では、健康に良いことを「健康に気をつかい始めたきっかけ」の質問に対し、「睡眠が十分でないと感じるから」「よく飲酒をするから」など、生活習慣に対する問題点意識を持つ人々の割合も多く、不健全な生活習慣を不安視する声も散見された。

健康生活習慣 実行力ランキングを構成する5項目それぞれのランキング結果は以下の通り。

運動頻度の高い都道府県ランキング

1位 兵庫県、2位 神奈川県、3位 徳島県
47位 秋田県、46位 大分県、45位 長野県

「運動頻度の高い都道府県ランキング」で全都道府県1位に輝いたのは兵庫県。具体的には、週に2回以上、1回あたり30分以上の運動を行っている事が基準となる運動スコアで1位、また、健康のために日頃実行している問いに関して「ジムに通う」の回答が最も多く1位、「私生活の中で身体を動かす意識をしている」では5位と、日常生活の中で、健康の維持・増進のために体を動かす県民が多い結果となった。

一方、47位の秋田県は、運動スコアが最も低く、「私生活の中で身体を動かす意識をしている」においては46位、また、ストレススコアの項目でも最下位の結果となった。

バランスのとれた食生活を実践している都道府県ランキング

1位 愛知県、2位 徳島県、3位 埼玉県
47位 青森県、46位 北海道、45位 静岡県

「バランスのとれた食生活を実践している都道府県ランキング」で全都道府県1位に輝いたのは愛知県。具体的には、朝食頻度が高い、間食・夜食習慣がない、食事時間が20分以上の3項目から算出する食事スコアが他県に比べ突出して高く1位と、モーニング文化が根強い愛知県に相応しい結果となった。

47位の青森県を見てみると、男性の1食にかける食事時間が最も短い結果となっている。また、「最も気にしている外見のケア」の問いに対し「肥満」と回答した合計が最も多く1位、「自分自身が罹患する(かかる)かもしれない」と実際に不安を感じたことのある病気に対し「糖尿病」の回答数は全国2位となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ