人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.14

ダイエット後のリバウンドを防ぐ工夫

体重が減っても、リバウンドして、結局ダイエットに失敗したという話をよく聞く。そんなとき、よく反省点として挙がってくるのが、「無理な食事制限をしてしまった」「運動怠ってしまった」などである。しかし、リバウンドした原因は、もっと他にあるのではないだろうか。

今回は、そのリバウンドの原因を探るべく、リバウンドしないダイエット講座を行なう料理研究家を当たった。そこで得た、ダイエットを確実に成功させる方法を紹介したい。

リバウンドする原因は?

ダイエットでリバウンドする原因は、一般的にはどのようなことなのだろうか。バランス料理研究家の小針衣里加さんはこう語る。

「ダイエットでリバウンドする原因として考えられるのは、ただ食べたいものを我慢するだけなど、ダイエットに必要なことを一部しか行わないことです。例えば、たくさん食べてしまった後、後悔してそれっきり、外食の機会が来ても“せっかくだから”と何も考えずにたいらげてしまうなどです。

リバウンドしないためには、毎食、野菜とたんぱく質をしっかり摂り、炭水化物や糖質を控えめにしながら、バランス良く摂ることを意識し、その都度、量やバランスを調整しながら食べることが大切です」

脱ズボラダイエット!これをやってリバウンドを防ごう

リバウンドする原因は「ズボラ」にあった!ダイエットを確実に成功させる方法

そこで小針さんに、ダイエット中、ズボラになりがちなことをいくつか挙げてもらい、それらの解決策を教えてもらった。これらを押さえれば、リバウンドを防止できる可能性が高まる。

糖質を抜くのなら、たんぱく質だけでなく食物繊維とビタミンB群も摂る

「糖質を抜いて、代わりに何を食べていますか。たんぱく質は十分とっていても、食物繊維やビタミンB群が足りていないことが多くあります」

炭水化物を減らす場合、ただ「食べない」のではなく工夫する

「米やパンなどの炭水化物を多少減らすことがダイエットには有効です。ただ、炭水化物を一切取らないと極端なことはせず、玄米にする、量を半分にするなどして、工夫しましょう。玄米が苦手な方は、白米に雑穀や寒天パウダーなどを加えると食物繊維がアップして少量でも腹持ちがよくなります。どうしても食べ過ぎてしまうという場合は、子ども用のお茶碗を使用すると防ぐことができますよ」

調理が面倒なら対策をとる

「よく、調理をするのは時間がかかり、面倒という声を聞きますが、それでダイエットをあきらめるのはまだ早いです。切る5分の時間を惜しむなら、フードプロセッサーを利用して1分にするなどいくらでも工夫のしようがあります。今は便利な時短調理グッズもたくさんありますので、どんどん活用しましょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ