人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.14

西武鉄道でディナーはいかが?「52席の至福」で過ごす特別な夜

 西武鉄道が運行している“西武 旅するレストラン「52席の至福」”。車内で本格的なコース料理を楽しみながら鉄道の旅を楽しむことができる、大人気のレストラン列車だ。今回はその「52席の至福」のディナーコースに念願叶って乗車することができた! 前回は「52席の至福」に乗車する前に楽しみたいオススメ観光ライトコースをご紹介してきたが、こちらではいよいよ「52席の至福」に乗車していこう!

<関連記事>
西武 旅するレストラン「52席の至福」とは?
「52席の至福」に乗車!ディナーコース 後編

薄暮の西武秩父駅から「52席の至福」の旅がスタート

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」で汗を流した後は、改札を通り3番ホームへ。出発時間は17時42分だがその少し前に横瀬駅構内で待機していた「52席の至福」がゆっくりと入線してきた。

“西武 旅するレストラン「52席の至福」”は予め公式サイトで乗車を希望する11日前までに予約が必要。なお申し込みは2名からとなっている。土休日を中心に西武新宿もしくは池袋と西武秩父間を1往復し、都心から西武秩父へは日中運行の「ブランチコース」、西武秩父から都心へは夕方から夜間にかけて運行する「ディナーコース」となっている。「ブランチコース」は1名1万円、「ディナーコース」は1名1万5000円で、料金には乗車日当日中使用可能な「西武線1日フリーきっぷ」とコース料理、フリーのソフトドリンクが含まれる。

いよいよ「52席の至福」が登場!

到着後すぐにテーブルセッティングが行われる

 デビュー以来人気を博している「52席の至福」だが、実は「ブランチコース」に比べて「ディナーコース」は比較的予約が取りやすい。理由としては「ブランチコース」のほうが、都心出発だし、お値段も5000円安く、また日中のほうが車窓が楽しめる、といった理由が考えられる。でも、個人的には「52席の至福」に乗車するなら絶対「ディナーコース」がいい! と思っていた。なぜなら、美味しいお酒(アルコールは有料)と素敵なコース料理を楽しんだあとに秩父観光をするより、フリーきっぷを使用して1日観光を楽しんだ後、気兼ねなく食事を楽しみつつ都心に帰ったほうが心ゆくまで全部を楽しめると思っていたからだ。確かに5000円の価格差はあるが、その分料理の品数も増えるのでそんなに気になるポイントでもなかった。

 さてホームに着いた「52席の至福」は積み込み作業とテーブルセッティングが手早く行われる。準備が整うとドアの前にアテンダントさんが赤いじゅうたんを敷いてゲストをお出迎えしてくれる。

本日最初に運転を担当していただいた運転士さん。制帽も「52席の至福」の専用仕様!

赤じゅうたんで車内へ

「いらっしゃいませ!」と歓迎してくれた

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ