人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホが水没したときの対処法、トイレに落としても修復はできるの?

2018.10.14

iPhoneを水没させちゃった!…でも最近のiPhoneは防水機能があるけど?

 大切な大切な、購入したばかりの新型iPhoneを水没してしまい、茫然自失になってしまう人はたくさんおられると思いますが、こんな噂を耳にしたことはないでそうか。

「そういえばイマドキのiPhoneって、確か防水設計になっていると聞いたことあるぞ? 慌てて拾わなくても大丈夫かな?」

 はてさて、この噂は本当なのでしょうか……。

 実は、Appleのサイトでは、以下の説明があります。

https://support.apple.com/ja-jp/HT207043

 iPhone XS および iPhone XS Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) に適合しています。iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus は IEC 規格 60529 に基づく IP67 等級 (深さ 1 m まで、最長 30 分間) に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。水濡れによる損傷は、保証の対象外となります。

 要するに、「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus は、完全防水よりちょっとランクが落ちる耐水機能を搭載。iPhone XS および iPhone XS Maxは、規格上は完全防水だが、浸水で故障したら保証の範囲外」

 設計上、一定の耐水・防水能力はあるものの、中の基盤に浸水して壊れたら保証が効かなくなるので、結局は「水気のある場所ではできるだけ使わないでね!」という話です。まあ、うっかり水中にポチャンと落としても、すぐ拾えば、いきなりぶっ壊れる可能性は低くて良かったね! という認識でとらえていたほうがよさそうです。どうしてもお風呂で使いたい場合は、防水専用ケースに入れる方がよいでしょう。

取材・文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。