人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホが水没したときの対処法、トイレに落としても修復はできるの?

2018.10.14

スマートフォンが水没でLINEが使えなくなったらどうする?

スマートフォンが壊れた時、別の端末にLINEの設定を引き継ぐ方法とは

 
 

 スマートフォンが故障した時、メールや写真のデータが消えてしまうのはショックですが、メールはクラウドサービス(gmail.iCloudメールなど)を使っているならば、一時的にPCや、ほかの端末でブラウザ経由でメールの発着信はできます。写真についても、別途クラウドサービスでバックアップが取れていれば、まだダメージは少ないほうです。

 しかし! LINEが使えなくなると大変です。

 友だちとのトークが見られなくなり、連絡もできません。無料通話も不可となります。これは困った! 慌てないために、今のうちからあらかじめ行っておかなければいけないことがあります!

アカウントを維持するために今すぐ設定。「メールアドレス登録」

さて、LINEのアプリは、電話番号ひとつに対して……

●ひとつのアカウントしか割り当てられない。

 そして、そのアカウントひとつに対して…。

●1台のスマートフォンしか割り当てられない。

 ……という、ルールがあります。ということは、

●スマートフォン故障を期に、電話番号を変えてしまったら、もうそのアカウントは使えない。

●スマートフォン故障を期に、機種を変更してしまったら、それまでに紐づけていたアカウントとスマートフォンの紐づけをほどくことができないので、結局そのアカウントは使えない。

……と、まあ、お手上げ状態になってしまうのです。ありゃま、どうしましょう。

実はそんな事態を想定して、今のうちにあらかじめやっておきたいことがあります。

「メールアドレス登録」を行うのです。

「メールアドレス登録」を行うことにより、今まで電話番号認証のみで利用していたLINEを、メールアドレスとパスワードでもログインできるようにしてしまうのです。

 メールアドレス登録は以下の方法で行います。

 歯車マーク→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス」→「メールアドレス登録」で、自分のメールアドレスとパスワードを登録→「OK」ボタンをタップ→「メール認証」に、先ほど登録したメールアドレス宛に来た4ケタの認証コードを入力→「メール認証」をタップ→メールアドレスが登録されます。

アカウントを維持するために「Facebookアカウント認証」と「ログイン許可」を行う

 さらに慎重を期して、Facebookのアカウントがあるならば、「Facebookアカウント認証」も行っておくと良いでしょう。

 歯車マーク→「設定」→「アカウント」→「Facebook」→「連携する」→「“LINE”が~使用しようとしています。」で「続ける」をタップ→Facebookが起動したらログインします。

 もっと! 慎重を期すならば、PCやiPadでもログインできるように、「ログイン許可」も行っておくと良いでしょう。

 歯車マーク→「設定」→「アカウント」→「ログイン許可」にチェックを入れます。

故障したスマートフォンから別の端末にLINEのトークを引き継ぐ方法とは

  スマートフォンが故障した時に備えて、いつでもLINEのトーク内容を他機に引き継げるように、定期的に以下の操作を行っておきましょう。

●iPhoneの場合

 iPhoneの「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で、最新のiOSになっているのを確認の上、「設定」→ユーザー名をタップ→iCloudでApple IDとパスワードを入力してサインインを行い、有効にします。iCloudの容量は余裕があるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

 続けて、LINEのアプリを起動して、歯車マーク→「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」で「今すぐバックアップ」をタップすることにより、iCloudへトークのバックアップが開始されます。

 新しいiPhoneでも、まず忘れずにiCloudの機能をオンにしてから、LINEアプリをインストールして、ログインをタップして(新規登録しないように注意!)、既に登録済のメールアドレスとパスワードを入力、電話番号認証後、トーク履歴の復元メニューが出てくればオッケーです。

●Androidの場合

 Android版のアプリの場合、歯車マーク→設定メニューで、googleドライブで、トーク履歴のバックアップと復元が可能です。gooleアカウントが事前に必要となりますのでご注意下さい。

 いずれにせよ、普段からこまめに、トークのバックアップは、忘れずに行いたいものですよね!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。