人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.12

auの秋冬スマホはXperiaの有機ELモデル、インフォバー復活など見どころ満載!

 auから2018年秋冬モデル5機種が2018年10月11日に発表された。「5モデルかぁ……。少ないなぁ」とおなげきの貴兄! ご心配は無用。どのモデルも個性いっぱいなのだ。では、各モデルの要点をまとめてご紹介しよう

商品説明を行ったKDDI商品・CS統括本部 商品企画本部 プロダクト企画部長 大井龍太郎氏

画面デカっ! でも、ボディは意外とコンパクトなGalaxy Note9

 まずは、海外発表以来話題沸騰中のGalaxy Note9から。

 何といってもSペンが魅力の本機だが、そのSペンにリモコン機能が追加された。例えばカメラの撮影のためにリモコン操作したり、PowerPointのスライド操作をしたりと、なかなか便利な機能なので、使いこなせればおもしろそう。

 そして、画面がデカい。6.4インチの有機ELはさすがの迫力。それでいて狭額縁のため手に持った感じでは大きすぎとは感じなかった。Galaxyは画面からエッジ部分にかけてのデザイン処理が上手で美しいので、「最先端スマホを持っているんだぜ!」と実感できて、所有満足度は高いはず。

 さらに、バッテリー容量は4000mAhにアップ!! それでいて急速充電なら約120分で満充電可能。ハイスペックなスマホで世界をリードする、Galaxyシリーズにふさわしいモデルとなっている。ちなみに、冷却にも気配りされているのも◎。10月下旬以降発売予定。

初の有機ELとはいえ、ブラビアで慣れてるソニーのXperia XZ3

 Xperiaも18:9の有機ELスマホを用意してきた。Xperiaで初とはいえ、テレビのBRAVIA(ブラビア)シリーズで有機ELに慣れてるソニーなので、それはキレイな画面に仕上げてきた。

 意外だったのはカメラがシングルタイプだったこと。XZ2 Premiumでデュアルカメラを採用したので、Xperiaのハイエンド系は今後、複数レンズがあたりまえと思っていたが、単眼。ただし、iPhone XRも単眼で性能的には好評なので、デュアルカメラだけが高性能とはならないのだろう。

 発売当初からAndroid 9.0に対応する予定なので、最新OSをいち早く体感したいなら本機を選ぶのはアリだろう。11月上旬以降発売予定。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ