人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.20

スティック型クリーナー新製品4モデルの基本スペックを総点検!

スティック型クリーナー〝秋の新製品〟8モデルの基本スペックを総点検!【PART1】

今秋、注目のスティック型クリーナーの実力を確認すべく、各界の識者と担当編集がテストを行なった。忖度なしのガチンコで評価した結果やいかに? 本当に使えるモデルを知りたければ、必読だ!

■スティック型クリーナー試験官

スティック型クリーナー試験官家電プロレビュアー・石井和美さん(右)
白物家電のレビュー歴10年以上。評価のために一軒家を用意し、日々家電をテストしている。「家電blog」(kaden-blog.net)管理人。

主婦モデル・小林恵里子さん(中)
現在9歳の娘を持つ母。仕事&育児と忙しいので、普段のお掃除はロボット掃除機にお任せ。今は使い勝手のよい掃除機を物色中。

編集・テラダ(左)
この1年、本誌で家電特集を主に担当。「手軽なスティック型クリーナーさえ買えば、毎日掃除するかも」と本気モードでテスト。

最新モデルは集じん性能が大幅アップ!

テラダ 数年前までスティック型クリーナーは、サブ機扱いでしたよね。でも、今年に入って、メイン機としても十分使える、集じん性能に優れたモデルが続々登場し始めていますね。

石井 特に注目したいのがパナソニックとシャークニンジャです。パナソニックは、これまで使い勝手を重視していた感じでしたが、新モデルは高い吸引力と長時間運転が自慢です。

小林 シャークニンジャも、米国で掃除器の総シェア(市場占有率)トップを誇るだけあって、吸引力が高いですよね。

テラダ 集じん性能以外に、見るべきスペックはありますか?

小林 やはりフル充電後の使用時間が気になりますね。だから〝最長◯分〟という表記は、わかりにくい。強と標準でかなり使用時間が変わりますから。

石井 独自機能にも着目したいですね。個人的には、三菱電機の台座が使いやすかった。最近は、様々な工夫が凝らされているので、ライフスタイルに合った一台が見つかるはずです。

最新スティック型クリーナー8モデルの基本スペックを総点検!

テストを行なう前に、まず基本スペックとヘッドブラシ、集じん性能、そして使い勝手を考えた独自のプラスα機能を比べてみた。

パナソニック『パワーコードレス MC-SBU820J』パナソニック『パワーコードレス MC-SBU820J』
オープン価格(実勢価格約9万3000円)

新搭載の「高トルクブラシレスモーター」と高電圧&8セル搭載の大容量バッテリーで、ハイパワーと長時間運転を実現。クリーンセンサーで「見えないゴミ」までしっかりキャッチできる。付け替えいらずの親子ノズルですき間掃除も得意だ。

集じん方式:サイクロン式
充電時間:約3時間
使用時間の目安:強/約6分、自動/約18〜40分、ロング/最長約65分
アタッチメント:4種(ふとん清潔ノズル、ペタすき間ノズル、すき間用ノズル、ロングホース)
サイズ:W240×H1175×D218mm、2.5kg(使用時)

V字ブラシV字ブラシ

Y字ブラシの毛先Y字ブラシの毛先

独自の「V字ブラシ」で集めたゴミを逃さず、確実に中央で吸引。「Y字ブラシ(緑)」でフローリングもきれい。

●大容量バッテリーで高い吸引力

大容量バッテリーで高い吸引力リチウムイオン電池を8セル搭載した大容量バッテリーを採用しており、最長約65分運転できる。

●踏むだけでヘッドが外れる

踏むだけでヘッドが外れるペダルを踏めば、差し替えの手間なく、すき間にちょうどいいノズルに。すき間掃除も簡単。

〈ISHI’S REVIEW〉★★★★★
充電台にアタッチメント類をまとめて一緒に置けるのも便利。

〈KOBAYASHI’S REVIEW〉★★★★★
吸引力と使い勝手のバランスがよく、日本の家に合っているかも。

〈TERADA’S REVIEW〉★★★★★
モノトーンだから男の部屋にも合う。すき間掃除がラクなのも○。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ