人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.11

「AIお洗濯」でかしこくきれいに洗濯! スマートフォンと連携した日立の新型ドラム式洗濯乾燥機

日立アプライアンスは、新機能「AIお洗濯」搭載でIoT対応のドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120C」を11月17日に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は約36万円(税別)。

共働き世帯の増加などにより、なるべく手間や時間をかけずに洗濯をすませたいというニーズが高くなっている。こうした需要に対応すべく誕生したのが「BD-NX120C」だ。

まず注目したいのが、洗濯のさまざまな状況をセンシングして、かしこくきれいに洗う「AIお洗濯」。複数のセンサーで洗剤の種類や布質・汚れの量・水の硬度・布動きなどの情報を収集し、自動で各工程に適した洗濯してくれる。汚れが多い場合は洗浄力重視で時間を延長してしっかり洗ったり、よくすすげている場合は節約重視で使用水量を減らすといった制御を自動でしてくれるので、効率よく洗濯できるうえ、洗濯のたびに運転の設定をする手間がなくなるのだ。

さらに、新開発の「日立洗濯機 ビッグドラムアプリ」で、スマートフォンと連携できるようになり、利便性が向上。生活シーンや衣類の種類からおすすめの洗濯コースを提案する「コンシェルジュ機能」をはじめ、 洗濯運転の終了やフィルターなどの掃除時期を通知する「お知らせ機能」、 離れたところから運転状況の確認や予約終了時刻の変更ができる「リモート機能」、 取扱説明書や使いかた動画を閲覧できる「サポート機能」が利用できる。

もちろん、従来モデルでも好評の「風アイロン」も搭載。時速約300kmの高速風で衣類を伸ばしながら乾燥させるので、アイロンの手間を減らすことが可能だ。

そのほか、「AIお洗濯」と「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能を搭載した、幅スリムタイプの「ビッグドラム BD-SX110C」と、タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ BW-DX120C」も11月17日に同時発売する。価格はオープン。予想実勢価格は「BD-SX110C」が約33万円(税別)、「BW-DX120C」が約28万円(税別)。

関連情報
https://kadenfan.hitachi.co.jp/wash/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ