人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.16PR

はじめてのロボットクリーナー体験記「ルンバe5」横山家七日間清掃【PR】

日々欠かせない家事のひとつ、掃除を肩代わりしてくれるルンバ。今回は前ページで紹介した『ルンバe5』を、夫婦共に漫画家で絶賛子育て中で、多忙を極める横山了一さん一家に7日間、お試し清掃してもらった。

横山家の皆さん

予想を覆す賢さと実力に買い取り決定!?

 日々の子育てと日常を描いた漫画ブログ『きょうの横山家』などで人気の漫画家・横山了一さん一家は4人家族。共働きゆえ家事は分担制だが、子供たちもやんちゃ盛りとあって「常に時間が足らない」そう。そんな横山家の救世主として投入された『ルンバe5』。ところでロボット掃除機は初めて?

「はい。そこらへんにおもちゃが転がっているし、ロボットがスイスイ動くような広い家でもないですから。ちゃんと掃除してくれるのかも半信半疑です」(了一さん)

 掃除担当のマユミさんも同意見。

「そもそも掃除機かけたほうが早いんじゃないかと。正直〝こんなんいるかー?〟と思っていました」

 ところが、使い始めて間もなくそのイメージはがらり激変!

「しっかり考えて動く賢さに驚き。椅子の脚や隅など1回でゴミが取り切れない部分は、角度を変えて何度も回り込むなど、予想以上にがんばって掃除してくれます。敷居もラクに乗り越え、パワフルに動くのにも感心しました」(了一さん)

「私が感動したのはカーペット。ざっと見えるゴミだけでなく、カーペットの上を何度も行き来して間に入った髪の毛まで取り切ってくれるんです。そのせいか掃除後はふわっふわ。ロボットってフローリングだけと思っていましたが、違うんですね。あとゴミ捨ても楽しみ。ぱっと見はキレイなのにダストボックスを覗くと、取れ高がスゴい。見えないゴミまで集めてくれて感動モノ。しかも、ちゃんと洗えるのがいい。〝こんなんいるか!〟発言、謹んで撤回させていただきます」(マユミさん)

 でも、逆に何か気になったところはないだろうか。

「コードなどに引っ掛かることはありましたが、僕らが逆に学習して、事前に片づけるようになりました。ルンバのおかげで片づけグセもつきそうですね」(了一さん)

 そして「家事の時間が削減できる分、子供との時間が増やせるのがうれしい」とマユミさん。

「さらに本音を言うと、大好きな漫画を描く時間を増やしたいかな。多分、主人もそう。子育て中だからそうもいかないですが……」

 それぞれにとって大切な時間をプレゼントしてくれる〝時産家電〟ルンバ。ルンバが生み出してくれた時間で、横山家からさらにおもしろい漫画が届けられる日も近い?

気に入った機能

「フローリングからラグまでくまなく掃除し、一度で取れないゴミには再度チャレンジする賢さ。お主、なかなかやるなー。」

漫画家
横山了一さん
北海道出身。主な作品に『北のダンナと西のヨメ』『戦国コミケ』など。家事は洗濯担当。

「子供の食べこぼしが目立つ1階リビングもスッキリ。特にカーペットは毛足が立って、まるで新品みたいに。ほおづりできそう〜。」

漫画家
加藤マユミさん
兵庫県出身。代表作は『おじさんと女子高生』(KADOKAWA)。家事担当は料理と掃除。

「最初はいきなり動いてちょっと怖かったけど、今ではすっかり仲良し。上に載せたぬいぐるみは友達の証なんだ!」

長男・ゆうくん
長女・あいちゃん
『横山さんちの理不尽むすこ』(リイド社)などでも描かれる9歳と6歳の仲良し兄妹。

ルンバの横山家での働きが基本的にスゴイので漫画にしてみました。 横山了一

取材・文/原口りう子 撮影/田口陽介

協力/アイロボットジャパン http://www.irobot-jp.com/roomba/ アイロボットサービスセンター 0120・046・669

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ