人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.12

内側から暖めるヒーター付きの次世代型ブルゾン「THERMO SYSTEM」を北海道で試してみた

気象庁の予測によれば、2018/19年度の冬は暖冬傾向だという。外出時は何枚も重ね着して窮屈な思いをする日数は減りそうだが、上着が要らなくなるわけでもない。しっかり防寒機能を持ったアウターは準備しておきたいところ。

内側から暖めるヒーター付きの次世代型ブルゾン

冬向けの街着の購入を考えている方に、検討リストの1つに加えてもよさそうなのが、今回紹介する「THERMO SYSTEM」だ。

外観は、ノーマルなフード付きのブルゾン。左胸のワンポイントを除けば、特に目を引く要素はないが、本製品の真価は内側にある。

見た目は普通のフード付きブルゾンである「THERMO SYSTEM」

見た感じではわからないが、内側の生地は、(肌に近い順に)「テラヘルツ鉱石プリントシート」、「セミコンヒーター」、「アルミ蒸着シート」の3層構造からなり、真ん中のセミコンヒーターが発熱する構造になっている。

そう、このブルゾンは、ヒーター機能を搭載した次世代型のアウターウェア。熱エネルギー変換効率93%以上の素材でできたヒーターが発する遠赤外線熱は、アルミ蒸着シートのおかげで外部に逃げることなく、人工鉱石をプリント状に付けたシートを透過する際に超遠赤外線に変換され、高い保温性を発揮する仕組みになっている。

3層構造のヒーター機能でブルゾンの内側から暖める

電源は、5000mAの一般的なモバイルバッテリー。充電したら、背中側の内ポケットから延びるプラグを挿して、そのままポケットに収納しておける。

背中の内ポケット収納のモバイルバッテリーでヒーターに給電

ヒーターのスイッチは、冒頭で「左胸のワンポイント」と表現した四角いボタン。これを長押しすればオンとなり(赤く発光)、早押しで赤→白→青と色が変わる。これは設定温度を示し、赤なら約60℃、白なら約55℃、青なら約50℃となる。1回の充電で4~6時間(設定温度により増減)連続使用でき、2個のバッテリーを用いて持続時間を2倍にすることも可能という。

左胸のボタンを押してヒーターのオン・オフ・温度設定を切り替え

「THERMO SYSTEM」の外面は、ポリエステル65%、天然コットン(綿)35%の棍率の生地。裏地には、「耐水透湿機能を持ったフィルムを圧着させた特殊な生地」を用いているという。耐水圧は1万mm、透湿度は8000g(24時間、1立方メートルあたり)と、豪雨でも染み込まず、汗蒸れは効果的に外へ逃がす快適設計なので、街着としてだけでなく、冬場の軽度のアウトドア活動でも重宝できそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ