人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

被害調査でわかった台風対策のポイント、戸建ては「アンテナ」、ではマンションは?

2018.10.07

先日、9月4日に日本に上陸した台風21号。

家の庭木が倒れたり、瓦が飛ばされ窓が割れたり、はたまた突風にあおられ転倒したりと、その猛威の被害を受けた人や家も少なくないのではないだろうか。

シェアリングテクノロジーでは、全国から寄せられた台風関連被害と思われる相談7,433件を基に、台風被害の実態を調査。「アンテナ」「雨漏り」「ガラス」「シャッター」など、4つのジャンルの対策案を考えた。

1.建物別の台風による被害割合

調査年月:2018年9月初旬、4,290 件

台風による被害傾向について調査を行った結果、戸建て住宅では「アンテナ故障」、ついで「雨漏り」の割合が高く、集合住宅は「ガラス」、店舗は「シャッター」や「ガラス」が被害に遭いやすい傾向にあるとわかった。

これらのデータからも、建物の種類によって被害箇所が異なることがわかる。つまり台風時は、一戸建て住宅なら「屋根」、集合住宅は「窓」、店舗は「入口」について、特に用心する必要があるのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。