人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コミュニケーションツールに変わりつつあるスマホカメラの未来

2018.10.30

スマホレンズは多眼の時代へ!スマホに欠かせないカメラが大きく進化。〝撮る〟だけでなく、ARやAIでモノを〝認識〟して様々に活用できる。

コミュニケーションもカメラでもっと楽しくなる!

指紋と並んで、スマホのロック解除になくてはならない機能となりつつある顔認識。立体的にとらえられるようになって精度がアップしたほか、自分の顔の表情を反映できるアバターが作れる機能も。最新のiOS 12でも自分に似た「ミー文字」の作成が可能に。目の動きなどもリアルに反映される。

■自分似の絵文字が作れる新機能は表情がリアル!

アップル「ミー文字」アップル「ミー文字」

「メッセージ」でやりとりできる絵文字に、パーツをカスタムして自分に似た絵文字が作れる「ミー文字」が新登場。目や舌の動きなどの細かい表情も、リアルタイムに反映&記録できる。

■自分そっくりのアバター&スタンプが作れる

Galaxy「AR絵文字」Galaxy「AR絵文字」

『Galaxy S9』では、インカメラで顔をスキャンして、自分そっくりのアバターが作成できる。アバターに表情を反映させられるほか、アバターを使った表情豊かなスタンプも作成できる。

〈スマホレンズは多眼の時代へ!〉

スマホカメラの未来を予測するうえで注目なのが、ソフトバンクも出資する米Light社が開発した多眼カメラだ。薄いボディーでも、一眼レフに負けない多彩な撮影が可能になる。

スマホレンズは多眼の時代へ!米Light社では、すでに9つのレンズを持つスマホを開発中との報道もあり、今後の展開が楽しみだ。

年内に9眼スマホ登場の噂も!年内に9眼スマホ登場の噂も!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。