人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シニアに優しく、ロボット活用など進化する高齢者見守りサービス

2018.10.08

高齢者見守りサービスは、徐々に進化を遂げているようだ。これまではただ監視したり、安否確認をしたりする機能のみで、人間らしい見守りや、ちょっとした変化に気付くことができていない課題があった。そのような課題を解決すべく、進化している見守りサービスのトレンドを探ってみた。

従来の見守り課題を“家電利用状況”で対策

東京電力エナジーパートナーは、IoTによる見守りサービス「TEPCOスマートホーム 遠くても安心プラン」を提供している。同社は従来の見守りサービスに次の課題を感じていたそうだ。

・本人が自覚できない、“加齢による変化”を家族が気付きづらい
・“暮らしぶり”を知るための接点が少ない
・日々の“ちょっとした変化”に気付きづらい

そこで見守る側の家族が、見守られる側の主要な家電の使用状況をIoTで確認できる仕組みを作り、これらの課題を対処。つまり「どの家電」が「どれくらい使われたのか」をいつでもスマートフォンで確認できるしくみだ。

例えば、いつもきまって朝8時頃に電子レンジを使う習慣があれば、「8:00頃に電子レンジを使いました」という表示が、見守る側のスマートフォン上に表れる。この先、朝8時頃に電子レンジが使われなければ、何かあったのではないかと気づける。つまり、家電の利用状況 から「いつもと様子が違う」と判断できるというわけだ。ちなみにいつもと様子が違うとメールでお知らせが届き、日・週ごとにまとめたレポートをメール受信できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。