人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.07

注目を集める最新のがんゲノム医療「プレシジョンメディシン」とは?

体の複数個所にがんが見られる、「全身がん」

「がん」は、実は全身にあって当たり前です。

著名人の訃報や病状発表を受けて、「全身がん」と言葉をよく耳にします。実は「全身がん」は特別ではありません、本来がん細胞は多かれ少なかれ全身に広がっているものです。

ですから、がん治療は局所療法と全身療法の組み合わせが重要となります。また全身に広がっている微量のがん細胞を発見し検査する方法も開発されてきました。つまり「全身がん」になる可能性は他人ごとではないのです。

遺伝子レベルで自分のがんに合った抗がん剤を調べる「プレシジョンメディシン」

がんの初期であれば、胃カメラなどの内視鏡で切らずにがんを除去できる治療も含め、手術や放射線など様々な治療の選択肢があります。しかし再発・転移となると、しかもその箇所が多くなるほど、治療の選択肢は限られてきます。全身がんの場合、最も一般的なのは抗がん剤治療です。

ここでポイントとなるのが、「どの薬を使用するか」ということです。一言で抗がん剤といっても様々な種類があります。一般的には、肺がん、胃がん、といったがん種ごとに、過去の臨床試験データの平均値から、「この薬から使う」という優先順位をまとめた標準療法が決まってきて、それを参照しながら薬を選択します。

しかし最近になって、抗がん剤の選択について新しい考え方が登場しました。同じがん種の中での「平均値」ではなく、その人のがん細胞を遺伝子レベルで解析し、その特徴と適合し効果が期待できる抗がん剤(分子標的薬)を調べる、「がんゲノム医療」・「プレシジョンメディシン」という考え方です。

がんの遺伝子解析は血液採取からも可能に

遺伝子は、手術時に採取した組織から解析するのが一般的ですが、血液採取のみでがん細胞の遺伝子解析ができる「リキッド・バイオプシー」という検査方法も登場しています。がん組織が採取できない再発・転移がんの方や、今受けている治療法では十分に効果が得られていないという方に最適と考えています。

※リキッドバイオプシーは保険適用外の検査です。

その方のがんの遺伝子の特徴に適合した抗がん剤(分子標的薬)を選ぶことで、“適切な治療を、適切なタイミングで”ということを目指しています。アメリカのオバマ元大統領が2015年の一般教書演説の中で「that’s the promise of precision medicine — delivering the right treatments, at the right time, every time to the right person」と発表したのと同じ考えです。まだ日本国内で導入している医療機関は限られていますが注目が高まっている検査です。

しかし、がん細胞の遺伝子を解析した結果、適合する抗がん剤が見つからない場合や、見つかったけれども日本では未承認の抗がん剤である場合もあります。そういった場合には、標準治療以外の治療法も含め、患者様のご病状やご意向を踏まえ、打つ手の選択肢についてご相談させていただいています。治験のご紹介や、緩和ケア、免疫療法や高精度な放射線治療などの組み合わせも選択肢となりえるでしょう。

高精度な放射線治療も全身がんの治療の選択肢

他の治療法と比べ、体への負担や副作用が少ないのが特徴の放射線治療ですが諸外国に比べてあまり活用されていません。その一つの理由としては、がんの部分をピンポイントで狙い治療する高度放射線治療(SBRT)の保険適用が「5cm以内」「3個以内」のがん(肺、肝臓)のみと決められているため、それ以上の大きさ、数となると、「もう放射線治療はできない」と判断する医療施設が日本では多いことが挙げられます。

しかし、保険適用の数や大きさを超えた途端に放射線治療の効果がまったくなくなってしまうということではありませんので、どこまでの治療を提案するかは医師や医療施設の実績や治療方針次第と言えます。実際、保険適用の範囲を超えた治療も提供している東京放射線クリニックの柏原賢一先生の場合、再発、転移が見つかるごとに、体調などをみながら、順次、モグラ叩きのように腫瘍に放射線を照射して抑え込んでゆく治療なども行っています。

「全身がんだけど、抗がん剤の副作用がつらい」という方にとっては、高精度な放射線治療は有力な治療選択肢となると思います。

再発、転移の全身がんの治療には最大限の努力が必要となります。プレシジョンメディシンの検査についても、様々な治療の選択肢についても、その長所や短所までじっくりと医師から話を聞き、納得された上で治療を選択してください。

文/田口淳一
東京ミッドタウンクリニック 院長、東京ミッドタウン先端医療研究所 所長
https://www.midtown-amc.jp/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ