人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソフトバンクとワイモバイルが留守番電話の音声メッセージを文字化する機能を提供開始

2018.10.07

ソフトバンクとウィルコム沖縄は、留守番電話のメッセージが文字で確認できる機能を、ソフトバンクとワイモバイルのスマートフォン向けに提供開始した。

この機能は、スマートフォン向け留守番電話サービス「留守番電話プラス」(月額300円/税抜)の専用アプリ「ボイスメッセージ」に新たに追加された。「ボイスメッセージ」は、留守番電話のメッセージをスマートフォンに音声ファイルで保存するので、圏外にいても音声メッセージを聞くことができるアプリ。今回の機能追加で「ボイスメッセージ」に配信された音声ファイルが自動的に文字に変換されるようになった。

なお、「留守番電話プラス」や「紛失ケータイ捜索サービス」などのオプションサービスをまとめて提供する「スマートフォン基本パック(ソフトバンク)」「スマートフォン基本パック-S(ワイモバイル)」(各月額500円/税抜)でも、月額料金はそのままで本機能を追加して利用できる。

「留守番電話プラス」または「スマートフォン基本パック」「スマートフォン基本パック-S」に加入の上、「ボイスメッセージ」のアプリをGoogle Playからダウンロードすることで利用可能。すでに「ボイスメッセージ」を利用している場合は、アップデートする必要がある。対応する機種はAndroid5.5以上のスマートフォン。

画面上で文字化されたメッセージを確認できるので、会議中や電車やバスの中など音声を聞きづらい状況で役立ちそうだ。

関連情報
https://www.softbank.jp/
https://www.ymobile.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。