人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.06

親の「老い」を感じるのはどんな時?

10月10日は「目の愛護デー」というのをご存知だろうか?10の数字を横にしてみると、1が眉毛、0が目に見えるということで、この日になったんだとか。そんな「目の愛護デー」にちなんで、コンタクトレンズメーカーの日本アルコンが45歳~59歳の親を持つ全国男女600名を対象に、「親の老いに関する意識調査」を実施した。

調査の結果、8割以上の人が自分の親に対し、老いを感じる瞬間があると感じており、中でも子どもが親の「老い」を感じる行動の第1位に「モノを見るときに遠ざけたり、近づけたり、または目を細めたりするしぐさ」が挙げられた。また、8割以上の人が、老眼鏡をかけることは老いを感じさせると考えており、平均3.9歳老けて見えると回答した。さらに、8割近くの人は、自分の親が老眼対策をしていないと回答しており、老眼を思わせる言動があるにも関わらず、対策をしていない親が多いことが明らかになった。早速、詳細を見ていこう。

Q. あなたは親の「老い」を感じる瞬間はありますか?【n=600 / 単一回答】

子どもは親の「モノを遠ざけて見るしぐさ」に最も「老い」を感じ、親の加齢による、最も頻繁に耳にするつぶやきは「老眼かも」「見えづらい」

子どもが親に「老い」を感じた(または、感じると思う)行動として、「モノを見るときに遠ざけたり、近づけたり、または目を細めてみたりするしぐさ」という回答が、全体の約半数(46.8%)にのぼった。次いで「白髪を気にしている時」が2番目に多いという結果に。加齢によるつぶやきに関する問いに対しても、老眼に関する発言が最も多く、「老眼かも」「見えづらい」というつぶやきが35.5%を占める結果となった。

Q. あなたが親に「老い」を感じた(感じると思う)のはどのような行動をした時ですか?【n=600 / 複数回答】

Q. あなたが、親の加齢によるつぶやきで頻繁に耳にするものとして、当てはまると思うものをお答えください。【n=600 / 複数回答】

8割以上の人が老眼鏡をかけることで、「老い」を感じると考えており、さらに平均3.9歳老けて見えると思っている

親が老眼鏡をかけ始めた(かけ始める)ことに関し、22.2%の人が老いを「とても感じた(とても感じる)」、59.0%の人が「やや感じた(やや感じる)」と回答。合わせて81.2%の人が老眼鏡をかけることで親の「老い」を感じる(感じると思う)と答えた。

さらに、老眼鏡をかけることによってどれくらい老けて見えるかという問いに対し、80.7%の人が0~5歳老けて見えると回答。全回答を平均すると子どもは3.9歳老けて見えると思っており、「モノを遠ざけて見るしぐさ」だけでなく、老眼対策である老眼鏡をかける行為も「老い」を感じさせる要因になることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ