人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社員証をぶら下げたまま風俗に行ったら、取引先から通報が!?これってアウト?

2018.10.09

「自分たちの認識の甘さが出てしまったと反省しています」

ジャカルタで行われたアジア大会のバスケット日本代表選手として派遣された4選手が、公式ウェアを身に着けたまま歓楽街を訪れ買春行為をしたことが大きく報道された。そして、帰国後、選手自身が登壇し謝罪をした。

“夜の歓楽街でダンクシュート”など一部のメディアではそのニュースを面白おかしく伝えているものもありました。では、一般の会社員が似たような状況に追い込まれたらどのような処遇が待っているのであろうか?

社員証を着けたまま夜の歓楽街へ

近頃、丸の内などオフィス街を歩いていると高確率で首から社員証をぶら下げて歩いている会社員を見かけます。社員証といっても、身分を証明するためだけのものではなく、入館証や勤怠管理を兼ねているため、社内にいても、社外にいても、いちいち外すことなく首にぶら下げている方が少なくありません。

“公式ウェア”とまでいかなくとも、社員証やすぐに「あの会社だ」とわかるような社章をウッカリ外し忘れたまま夜の街に繰り出してしまい、それが会社に発覚してしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?

会社に迷惑かけるって何?

基本的にプライベートの出来事や行動については会社にとやかく言われることはありません。堂々と「何か会社に迷惑かけたんかい!!」と言ってやればいいのです。また、どんな種類の店に行こうが、それはご自身の嗜好によるものなので、会社に咎められる筋合いは全くといっていいほどありません。しかし、しかしです、ひとたび“迷惑をかけた!!”となれば話は違ってきます。

事前に知っておきたい服務規律

「おたくの男性社員Aさん他数名が連なってソープランドに入って行った。注意してほしい」

会社へ取引先を名乗る人からの通報がありました。これを受けて事情を聴かれたAさんは、厳重注意を受けるハメになりました。

「就業時間外にプライベートで楽しんだだけなのに・・・」

おそらく、Aさんは「なぜ厳重注意を受けねばならなかったのか?」とモヤモヤしていることでしょう。

会社がAさんに厳重注意をした根拠は“服務規律”にありました。服務規律とは、社員が会社で守るべき秩序を定めたものです。

「賭博の禁止」や「許可なく会社のロゴを使用しない」など様々なルールが記載されています。では、Aさんの行動のどこに服務規律違反があったのでしょうか。何となく、“ソープランドに行った”事が服務規律違反と考えてしまう方もいらっしゃると思いますが、それこそ、“プライベート”なので問題にはなりません。

実は、今回の件は、服務規律の「社員証の取扱い」に違反してしまったのです。取扱いの中に「社員証は勤務時間中のみ着用すること」という規定がされていたにもかかわらず、そのルールを忘れて社員証をぶら下げたまま遊びに行ってしまったのが原因です。なお、会社によっては社員証の取扱いというよりも、“どこの会社の社員かわかる状態でソープランドに行った”ことの事実をもって処分するケースもあります。

この場合、「会社の品位を傷つけた」との判断になるのですが、例えば教育関係や女性客をメインターゲットとしたビジネスを展開しているような会社では企業ブランドに悪影響を与えたとの判断になるわけです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。