人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.14

「IoT家電は使えない」というのは昔の話!スマホで家電を賢く動かすテクニック

スマホで家電を賢く動かす最新のiPhoneを購入しても、単体で使うだけでは真の実力を発揮したとはいえない。スマホの魅力は〝つながる〟こと。まず強化すべきは家電との連携だ。

スマホと連携させれば家電の使い勝手が激変する

 季節はもう秋。とはいえ、暑い日も多い。帰宅前に外出先からあらかじめエアコンをオンにできたら、さぞかし快適だろうと誰もが考えるところだが、「IoT家電なんて、我が家には関係ない」とあきらめている人も多いのではなかろうか。だが、専用アプリとスマートスピーカー、赤外線を利用したスマートプラグなどのネットワーク機器を上手に活用すれば、今使っている家電をスマホでIoT化するのは、それほど難しくない。

 同時に、家電の新製品にも「IoT」技術を採用したモデルが続々と登場している。スマホで操作するIoT家電は、今や照明から掃除機、エアコンなど幅が広がり、性能を競い合っている。また、最近では、手頃な価格のIoT家電が増えており、もはや高嶺の花ではない。

 スマホとIoT家電の連携によって実現する新たな機能が増えているが、一度でもその利便性を実感すれば、もう元の生活に戻れなくなることは間違いない。スマホを使った家電のIoT化を、さらに進めよう。

今ある家電をスマホで動かす!

今ある家電もスマートプラグやスマートリモコンを使えばIoT化が可能。遠隔操作で電源をON/OFFしたり、赤外線リモコンと同様の操作がスマホからできる。スマートスピーカーと連携させれば、音声での操作も可能に。また、異なるサービスを連携できるアプリ『IFTTT』を使えば、自宅に近づいたらエアコンがオンになるなどの自動操作ができるのだ!

〜IoT家電をチェックしたのはこの2人〜

太田百合子テックライター・太田百合子
本誌モバイル担当記者。自宅には7台のスマートスピーカーを所有する。

編集部・中馬編集部・中馬
IoT家電で忙しい毎日が効率的になればと、導入をあれこれ検討中。

【STEP1】家電の電源をスマホでON/OFFする

■赤外線操作でエアコン、照明を制御

Nature『Remo』Nature『Remo』1万3000円

赤外線リモコン対応の家電をスマホから操作できるようにするスマートリモコン。コンパクトな下位モデル『Remo mini』もある。

■電源のON/OFFを遠隔操作できる

TP-Link『Wi-Fi スマートプラグ HS105』TP-Link『Wi-Fi スマートプラグ HS105』オープン価格(実勢価格約3633円)

コンセントと家電の間に設置して、電源をオン、オフ。Wi-Fiにつないで、インターネット経由で操作できるスマートプラグ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ