人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.11

フレームの形と黒目のバランスに注目!自分に似合うメガネを選ぶコツ

「そろそろメガネを買い替えないとなぁ……」

度数が合わなくなってきた人、夏場に観光やレジャーを満喫しすぎたせいでメガネが傷んでしまった人、季節の変わり目にイメチェンしたい人。それぞれの事情でメガネの買い替えを検討する人がこの時期は多いのではないでしょうか。

ちなみにですが、そのメガネ、自分に似合っていますか? なんとなく買ったメガネを使い続けていませんか?

メガネはフェイスラインや黒目の位置に合わせて選ばないと、見え方に影響するばかりか、周囲の人にかっこ悪い、ネガティブな印象を与えてしまいます。メガネユーザーならば、いかにメガネが第一印象を左右するか痛いほどわかるはずです(筆者は初対面の人から「メガネくん」と呼ばれた経験があります……)。

メガネを変えることは大きなイメチェンにつながります。これを機に、自分に似合うメガネを選ぶことでガラッと印象を変えて、周囲の人の心を「おっ?」と思わせてみましょう。

でも、自分に似合うメガネを選ぶのって難しい……。そこで、正しい選び方をアドバイスしてくれる眼鏡市場渋谷店にお話を聞いてきました。

自分の顔の形とフレームに注目せよ!

眼鏡市場の視力アドバイザー・鹿野澪さんに、さっそくアドバイスをいただきました。

「新しいメガネを購入する時に意識したいのが、『自分に合ったメガネの選び方』です。デザインや好みで選ぶのも大事ですが、『自分の顔のタイプ』に合わせてレンズやフレームを見極めると、自分にピッタリなメガネを見つけ出せますよ」

「自分に合ったメガネの選び方」……!

その極意を学ぶべく、お店にあるメガネで実際に選び方のコツを教えてもらいました。

忙しく店内を駆けまわる鹿野さん。

「たとえば丸顔の人であれば、“スクエアタイプ”がオススメです。丸顔にシャープなスクエアタイプのメガネを合わせることで、フェイスラインがスッキリした印象になります」

この「ハイブリッド・ゼログラ」と呼ばれるメガネは、フェイスラインがスッキリした印象になるばかりか、メガネのかけ心地が限りなく“ゼロ”になるそうです。私も実際にかけてみましたが、確かに軽かった……。そして超丈夫だそうです。

一方、四角い顔の人の場合は、フェイスラインを強調せず、やわらかい印象を与える「オーバルフレーム」がよいそうです。

面長の人は、縦長な印象をカバーしてくる天地幅のある「ウェリントンタイプ」がオススメです。

今までは「メガネのフレームの形ってたくさんあるなぁ」と思いつつ、フレームの形や色だけで選んでしまった人も多いはず。けれど、自分の顔の形を意識すると、それぞれフレームに対する印象が変わってきますね。

筆者の場合、ウェリントンタイプのメガネが好きだったんですが、鹿野さんからお話を聞いて、今度から思い切ってスクエアタイプにイメチェンしてみようと決意しました。

みなさんもメガネ選びに迷ったら、探しているメガネ店のスタッフに声をかけてみてはどうでしょうか? 自分の顔の形に似合うメガネを見つけ出してくれるはずですよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ