人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.05

秋冬も要注意!働く女性の約8割がムレによる汗「じっとり汗」を経験

秋が深まり、日によっては寒さを感じる日も増えてきた。この時期に気を付けたいのが、衣服の重ね着などで熱気がこもる、いわゆる「ムレ」による「じっとり汗」。特に気温が変化する秋から冬の季節の変わり目は「じっとり汗」をかきやすくなるので注意が必要だ。

今回、そんな「じっとり汗」に関するアンケートを20代~40代の女性600名に実施した調査の結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

バレたくない!働く女性の“じっとり汗”に関する実態が明らかに

「あなたは、じっとり汗をかくことがありますか?」と質問したアンケートでは、「よくある」と答えた人が40.3%、「たまにある」と答えた人が42.3%と、約8割以上の働く女性が「じっとり汗」をかいているという実態がわかった。

業務内容別に見てみると、外勤業務は39.5%、内勤業務は40.6%の人が「よくじっとり汗をかく」と回答し、体を動かすことの多い外勤業務、空調の利いた室内にいることの多い内勤業務にかかわらずじっとり汗を実感している現実が垣間見える結果となった。

年代別に見ても、じっとり汗をかくことが「よくある」・「たまにある」と回答した女性が、20代は85.5%、30代では80.5%、40代では82.0%と世代を問わず多くの女性がじっとり汗をかいていることがわかった。

「あなたがじっとり汗をかいたときに気になることはなんですか?」という質問には、第1位が「ニオイがほかの人に気づかれること」(63.7%)、第3位が「服にニオイが付くこと」(53.5%)と、汗によるニオイを他人に気付かれることを気にしているという女性の心理が浮き彫りに。

秋冬は気が緩みがち!約8割の女性がケア不足という驚きの事実が判明

「あなたは、秋冬のじっとり汗に対して何らかのケアをできていますか」という質問には、「ケアできている」と答えた人が17.7%に対し、「あまりケアができていない」が56.3%、「ケアができていない」が26.0%と、秋冬にじっとり汗をかいているにも関わらず、汗対策ができていない人は全体の約8割にのぼるということが判明した。

また、秋冬にじっとり汗対策ができていない理由としては「涼しくなっていくのでケアする意識がなかった」という秋冬のじっとり汗対策に対する意識の薄さ以外にも、「ケアはしているが、長時間もたない」や「ケアの方法がわからない」など、気にしている意識はあっても効果的な方法を知らない人が多いという実情が浮き彫りになった。

「あなたは、季節の変わり目に服装選びを間違ったせいで、 いつもより汗をかいてしまったことがありますか?」という質問に対しては、21.7%が「よくある」、51.8%が「たまにある」と回答し、約7割が服装の選択ミスにより汗をかいてしまった経験があるということがわかった。

「あなたは、どんな服装のときにじっとり汗が気になりますか?」という具体的な服装に関する質問では、第1位が「ジャケットを羽織っているとき」(52.5%)、第2位が「ニットを着ているとき」(51.0%)、第3位が「長袖を2枚重ねて着るとき」(48.0%)と回答。服装による体温調整が難しい秋冬にオフィスなどで羽織り物を着ているシーンで多くの女性がじっとり汗を実感している傾向が伺える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ