人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.05

会社をズル休みした時に使った理由トップ3

現代の日本はストレス社会と言われており、最近では「パワハラ」、「ブラック企業」、「働き方改革」といった言葉を日常でもよく耳にするようになった。ストレスを溜め込んでパフォーマンスを落とすより、いっそのこと休んでストレスも疲れもリセット。休み明けからの能力向上につなげる方が合理的。これといった理由がないならズルでいいから休んじゃえ!というわけで、みんなはどんなズル休みの理由を使うのか調べてみたところ、以前、チューリッヒ生命が全国1000人の有職者を対象に行なった調査がおもしろい内容なので紹介しよう。

男性は25.4%、女性では31.6%の人が「非常にストレスを感じている」と回答

勤め先で、どの程度ストレスを感じているか伺ったところ、男性は25.4%、女性では31.6%の人が「非常にストレスを感じている」と回答した。また、「非常にストレスを感じている」、「ややストレスを感じている」を合わせると、男性は72.6%、女性では75.6%と、多くの人が日々ストレスを感じていることがわかるとともに、男性よりも女性のほうがストレスを感じているという結果となった。

さらに性年代別で見ると、男性の50代が80.0%、女性40代が80.8%と最も高く、男性女性それぞれキャリア等で悩み・不満が多くなってくる年代なのかもしれない。

上司との人間関係がストレスの原因に

勤め先でストレスの原因になっていると感じる物を聞いたところ、1位「上司との人間関係」39.7%、2位「仕事の量が多い」、「給与や福利厚生などの待遇面」28.8%となった。職場は様々なストレスの要因となることが多くあるようだ。

ストレスの発散方法

独自のストレス発散方法を聞いたところ、全体の1位は「美味しい物を食べる」43.7%、2位「睡眠・休息をとる」35.7%、3位「身体を動かす」33.4%という結果となった。また、男性は「身体を動かす」、女性は「美味しい物を食べる」が1位となった。身体を動かしたり、美味しい物を食べたり、仕事以外のことに没頭することで、ストレスは発散されるのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。