人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.06

アメリカのファーマーズマーケット人気を支えるマーケター農家の存在感

田舎のりんご農園からシティのオシャレショップへ変化した「Red Apple Farm」

また、「Boston Local Food Festival」に出展していた「Red Apple Farm」というお店。

ボストン名物のサイダードーナツ(アップルサイダーを使用したドーナツ)を食べるならココ!と言われるくらい人気のお店です。

https://www.instagram.com/redapplefarm/

このお店を運営しているのは、マサチューセッツ州のフィリップストンにあるりんご農園。

100年以上続いている農家で、現在は4世代目のご主人が経営しています。

りんご農園がスタートした際、農園の売り上げの95%以上は業者にりんごを販売する「卸売業」で、直接消費者に販売する「小売業」は5%にも上りませんでした。

しかし、3代目経営者で経済学を学んだBillさんが、ビジネスモデルを変えました。「脱卸売業」を掲げ、農園の半分以上のスペースをリンゴ以外の農産物を育てるスペースあるいは、イベントスペースに充てました。

直接消費者に販売する割合を高めるため、りんご狩りイベントを開催したり、イースターイベント・収穫感謝祭・ハーベストフェスティバルなどの様々なイベントを開催し、ボストンをはじめとする都市部の人を農園に呼び寄せています。

また、結婚式にも対応しており、「結婚式をできる農園」としても知名度を上げています。

https://www.instagram.com/redapplefarm/

また、りんごの収穫オフシーズンである冬には、地元のスキー場でホットアップルサイダーやサイダードーナツなどを販売しています。

このような活動の結果、今では卸売業売上と小売業売上の比率は5%:95%と農園スタート時の値から逆転しました。

また近年では、ファーマーズマーケットに出店するだけではなく、ボストン中心部にある、人気ローカルフードショップが集まる商業施設「ボストン・パブリック・マーケット」に店を構えるようになりました。

ここでは、アップルケーキやりんごをキャラメルでコーティングしたものなど、りんごを使った様々な加工食品を販売し、お洒落ショップとして知名度を上げています。

農家を取り巻く問題を解決するために

日本では「農家は稼げない」「地方農家の後継者不足」など農家に関する様々な問題が生じています。

「農作物の販売方法は業者に委託する卸売業」「農園は農産物を育てるだけの場所」という固定概念を捨て、Red Apple Farmのような新しいスタイルを築くことで、この問題を解決できる糸口が見つかるかもしれません。

そして、農産物の良さを最大限引き出せる商品開発や、その商品の認知度を上げるためのマーケティング・プロモーション戦略を考えられる企業が、農家から必要とされているかもしれません。

文/小松佐保(Foody Style代表)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ