人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トンボ鉛筆の筆文字サインペン「筆之助しっかり仕立て」がカラー化、世界で販売へ

2018.10.03

2001年に発売されたトンボ鉛筆の人気の筆文字サインペン「筆之助しっかり仕立て」がカラーペンとして多色展開をすることが決定した。小筆のような抑揚のある筆文字が書ける水性顔料筆文字サインペン「筆之助しっかり仕立て」は2001年に「墨(黒)」を国内で発売。2015年から欧米にも販路を広げてきたところ、海外のハンドレタリングやアートファンから「カラー化してほしい」との声が多くあがった。

それを受け今回、ブルー、オレンジ、レッド、ピンク等9色を加え、全10色で日米欧でほぼ同時期に発売。販売形態は10色セットおよび単色販売で、10色セットの希望小売価格は税込1,620円(税別1,500円)、単色(1本)の価格は税込162円(税別150円)です。国内の発売日は10月5日、米国は10月上旬、EUは10月中旬に発売する。(国内)販売計画は約30万本(本単位)、約4,500万円(小売価格)となる。

「筆之助しっかり仕立て」の特長

「筆之助しっかり仕立て」は筆ペンに不慣れな人でもペン感覚で筆文字が書けるよう工夫した製品。穂先は特殊な加工をしたハードエラストマー(樹脂)芯で、ボールペンなどで書く時の平均筆圧約250gでも筆記できる。それ以上の筆圧でも穂先がバラけたり、つぶれたりすることはほとんどなく、毛筆初心者でもラフに味わいのある筆文字が書けるよう工夫している。

軸形状もボールペン等とほぼ同様の直径10ミリ・長さ142ミリ、クリップ付で、ペンとして携帯できる。重量は8グラムと軽量。

「筆之助しっかり仕立て」の利用法とカラー化

「筆之助しっかり仕立て」は、太・細・ハネなどの多彩な表現ができること、インクが耐水・耐光性に優れた水性顔料インクであることから、英語圏でブラッシュペンを利用してハンドレタリングやアートを手軽に楽しむ(モダンカリグラフィーと呼ばれる)人たちに愛されてきた。こうしたファンから創作の幅を広げるために「カラー化をはかってほしい」と要望が寄せられていた。

多色マーキングペンは染料インクが一般的で、にじみにくい顔料インク(本製品)を採用した多色ペンは稀。染料インクのマーキングペンや水彩絵の具などと組み合わせて多彩な表現ができる。

なお、本製品胴軸の漢字による「筆之助」のロゴタイプが欧米で親しまれていることから、海外発売に際してもこれをそのまま踏襲する。

鮮やかな全10色

発色豊かで色鮮やか。ハンドレタリングやスケッチに適している。

ハードエラストマー筆芯採用

筆圧がコントロールしやすく強弱がつけやすいハードエラストマー筆芯。大胆な太線から繊細な極細線まで幅広い表現が自在。

耐水・耐光性のある水性顔料インク(全色)

乾燥後は耐水性があるため、郵便物・保存物への使用にも安心。上から水性染料マーカーで描いてもにじまない。インクジェット紙対応。

・軸形状は携帯しやすい直径10mm、長さは142mmで、一般のサインペンやノック式ボールペンなどとほぼ同じ形状。

・筆記距離は四百字詰め原稿用紙で約4,000文字。

関連情報:https://www.tombow.com/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。