人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.04

レノボ史上最薄・最軽量のモバイルワークステーション「ThinkPad P1」の実力をチェック!

 レノボ・ジャパンから登場した15.6型液晶搭載モバイルワークステーション「ThinkPad P1」。最大6コアの高性能CPUや最新ディスクリートGPUを搭載することで、映像編集から3Dモデリング、CAD/CAMまで対応できる超高性能モデルながら、厚さ18.4mm、重量1.7kgからと、レノボのモバイルワークステーション史上最薄・最軽量を実現した、レノボの意欲作だ。これまで、モバイルワークステーションといえばMacBook Proの1強といった状況が続いているが、このThinkPad P1はMacBook Proの牙城を崩せるだけの実力を備えているのか。今回、実際に実機を試用できたので、細かくチェックしたいと思う。

レノボの最新モバイルワークステーション「ThinkPad P1」

MacBook Pro 15インチモデルよりわずかに厚いが、軽さはほぼ同等レベルで楽々持ち運べる

 ThinkPadシリーズといえば、”弁当箱スタイル”と呼ばれるフラットかつ直線的なブラックボディが特徴だが、ThinkPad P1のボディも、ひと目見てThinkPadシリーズとわかるものとなっている。天板はフラットで、側面もほぼ垂直に切り落とされている。天板にはThinkPadロゴが見えるが、それ以外に目立つ装飾は一切なく、デザインも非常にシンプルだ。シルバーボディでうまくカーブを取り入れているMacBook Proとは対極にあるようなデザインだが、マット調のブラックで塗装された直線的なデザインのボディは重厚かつ存在感があり、スタイリッシュな印象も十分に感じられる。

 本体サイズは、361.8×245.7×18.4mm。15.6型液晶ながら左右ベゼル幅が狭められていることで、フットプリントは十分にコンパクト。高さも18.5mmと2cmを切る薄さなので、鞄にも楽に収納できるだろう。なお、このボディは一般ユーザー向けのプレミアムノートPC「ThinkPad X1 Extreme」と全く同じものだ。

15.6型液晶は狭額縁仕様で、フットプリントの小型化に貢献

正面から見た様子。高さは18.4mmと20mmを切る薄さで、鞄への収納性も申し分ない

左側面。側面部はほぼ垂直に切り落とされた、ThinkPadシリーズ伝統のデザインを採用

背面の様子。底面はやや斜めに切り取られているが、全体的に直線的なデザインとなっている

右側面。底面後部ゴム足によって後方がやや高くなっているように見えるが、基本的には前方から後方までフラットだ

 重量はフルHD液晶搭載モデルが約1.71kg、4Kタッチ液晶搭載モデルが約1.84kg。今回試用したのは4K液晶搭載モデルで、実測の重量は約1,817gだった。

 従来のThinkPad Pシリーズの中で、15.6型液晶を搭載するThinkPad P50の4Kタッチ液晶モデルでは、サイズが377.4×252.3×25.9~30.8mm、重量が約2.86kg(タッチ非対応モデル)だった。ThinkPad P1では、フットプリントの小型化に加えて、最大12.4mmの薄型化、1kg以上の軽量化を実現している計算で、これは非常に大きな進化と言える。

 ちなみに、MacBook Pro 15インチモデルとの比較では、フットプリントや厚さではわずかに負けているものの、重量はほぼ同じ。今回は実際に横並びで比較できなかったが、おそらく手にした感覚はほとんど差がないはずだ。つまり、携帯性についてはMacBook Pro 15インチモデルとほぼ同等レベルであり、それほど苦にならず持ち運べると言える。

試用機の重量は実測で1,817g。この軽さなら持ち運びも苦にならないだろう

 合わせて、ThinkPadシリーズおなじみの優れた堅牢性もしっかり兼ね備えている。ThinkPad P1では、ボディ素材として天板にカーボンとグラスファイバーを組み合わせた複合素材、キーボード面にマグネシウム・アルミニウム合金、底面にアルミニウム合金を採用することで、優れた剛性を確保。米国国防総省が定める調達基準「MIL-STD-810G」に準拠した12種類の試験に加えて、落下や気温、気圧変化など200種類を超える品質試験を実施し、圧倒的な堅牢性が確認されている。日々の持ち運びには落下などのトラブルがついてまわるが、ThinkPadシリーズならではの優れた堅牢性によって、その心配も大きく軽減されている。特に、プロ向けの製品と考えると、この点は見逃せない特徴となるはずだ。

天板もフラットで、非常にシンプルだが重厚なデザインで存在感は抜群。天板にはカーボンとグラスファイバーを組み合わせた複合素材を採用することで、優れた剛性も確保

底面にはアルミニウム合金を採用。様々な品質試験をクリアする優れた堅牢性が確保されているため、安心して持ち運んで利用できる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ