人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

吹けば楽器にもなる!?鳥取県東部で人気の「とうふちくわ」とは?

2018.10.04

 旅行や出張先で、その土地ならではの食べ物と出会うと嬉しくなるものだ。

 鳥取市を中心にした県東部のスーパーマーケットで必ずといっていいほど出会う、とうふちくわもそんな逸品。写真と名前からわかるように、木綿豆腐+魚のすり身に塩を加え、細い棒に巻いて蒸している(焼きも存在する)のが特徴だ。

 豆腐のおかげで味は淡泊。通常のちくわよりやわらかいものの、粘りと弾力はほどよい。食べ始めは大豆の香り、後に魚の旨味が出てくる。なかなか味わい深い逸品だ。

 これがどのような背景で生まれ、どう食べるのがオススメなのか。とうふちくわを愛する鳥取市の市民グループ、「鳥取とうふちくわ総研」でお話を聞いてきた。

歴史は江戸時代までさかのぼる

 迎えてくれたのは所長の植田英樹さん。イキナリ「こんにちくわ。よろちくわ!」と挨拶され戸惑ったものの、

「とうふちくわの由来は諸説ありますが、鳥取藩主の池田光仲公が質素倹約を奨励したことがきっかけとの説が有力です」

 との真面目な解説を聞いて素に戻った。

 この地方は昔から豆腐作りが盛んで、かつて鳥取市中心部には豆腐町という町名もあったという。藩主はそれに目を付け勧めたと思われる。しかし、豆腐ばかり食べるのは辛い。少しは高価な魚も口にしたい。試行錯誤の末、庶民は豆腐にすり身を混ぜることを思いついた。

 現在の標準的なとうふちくわは、豆腐とすり身の比率が7:3。長さ約18センチ、直径約4センチ、重さ約110グラムが基本形。鳥取ではトビウオを丸ごと使用した「あごちくわ」も有名だが、とうふちくわは白い美肌が命なので、すり身の原料は白身魚に限定している。

 地元スーパーでの販売価格は1本100~160円ほど。写真で紹介している基本形のほか、ネギや生姜、カレー、レモンなどを入れた商品もある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。