人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.01

12月から4K放送もスタート!テレビの賢い選び方と注意点

 数ある大画面テレビの中でも、画素数がフルハイビジョンの4倍(横3840×縦2160)もあり、超高解像度で美しい映像を表示可能な「4Kテレビ」が、今、巷(ちまた)で大人気です。

 いよいよ、2018年12月1日から衛星放送で4K中継が始まりますし、そろそろみなさんにも必需となる日が、近くなりそうです。

 家電量販店などで、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)な4Kテレビですが、あまりにも多くのメーカーが、たくさんの種類を発売しているので、正直、何を選んでいいかがわからなくなります。

 そこで今回は、4Kテレビを購入する際に、これだけは知っておきたいメーカー別の豆知識や、ここだけは押さえておきたいお買い物のポイントをご案内したいと思います。

パナソニックのVIERAは色鮮やかで絵がキレイ!

Panasonic/TH-65FZ1000

 誰もが知っている、日本の大手電機メーカーPanasonic(パナソニック)は、「VIERA(ビエラ)」ブランドで、高品質なテレビを提供しています。

 なかでもTH-65FZ1000は、有機ELパネルの高精度かつ、圧倒的な臨場感のある映像で、あたかも、その場にいるかのような空気感や、臨場感、奥行き感を楽しめます。

 有機ELパネルは、かつてのプラズマテレビの「VIERA」同様、パネル自体が発光する「自発光」方式が特色です。バックライトLEDをあてる液晶テレビよりも、黒の表現が違います。まさに漆黒、本当の黒が表現されます。

 しかも! 有機EL専用に開発、進化させた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」、そしてそのエンジンに搭載されている、3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)、「有機ELパネル制御技術」が、忠実な色と輝度を再現してくれます。

 また、コマとコマの間に、新しいコマを生成して、なめらかな動きを表現する「倍速表示」機能を搭載。スポーツ観戦やアクション映画などの、動きが激しい映像では、より臨場感がアップします。4KVOD(4Kのネット動画配信サービス)の主要サービスは網羅しており、カンタンに視聴可能です。

※対応サービス:NETFLIX、Amazon Prime Video、dTV、hulu、U-NEXT、DAZN、ビデオパス、アクトビラ、ひかりTV,Rakuten TV、TSUTAYA.TV、DMM.com、スカパー! オンデマンド

 そして、地上デジタル放送やブルーレイ、ネット動画の映像など、4Kより解像度が低い映像でも、4K相当映像にアップコンバートする「4Kファインリマスターエンジン」を搭載。今観ているテレビ番組も、美しい映像が楽しめます! 今すぐ買っても大丈夫!

【参考】シーンの明るさに応じて補正量を動的に変化させる機能を搭載したパナソニックの有機ELテレビ『4Kビエラ FZ1000/FZ950シリーズ』

ソニーのBRAVIAは漆黒の美と迫力ある音がスゴイ!

SONY/KJ-65A9F

 これまた誰もが知っている、日本の超大手電機メーカーのSONY(ソニー)は、「BRAVIA(ブラビア)」ブランドで、高品質なテレビを提供しています。

 なかでもKJ-65A9Fは、映像の作り手であるクリエイターの制作意図を完全に再現したいという、究極の目的を追求するために生まれた、ソニーの最高峰のテレビです。

 829万画素の有機ELパネルに、次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」、そしてソニー独自のパネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」の技術の結晶により、テレビだけでなくネット動画を含め、あらゆるコンテンツをきれいに表示します。

 しかも! ソニーのテレビは「画面そのものから音が出る」「アコースティック サーフェース オーディオプラス」技術により、サラウンドの音声が、かつてない臨場感を実現します。

 Android TV 機能も搭載しているので、様々なネット動画配信サービスももちろんカンタンに視聴可能です! しかも本体のデザインもカッコいいです。

 スタンドやスピーカーが正面からは見えない、究極まで細くて美しい筐体は、純粋に映像に没入できるカタチとなりました。リビングのインテリアに最適ですね! これから買いに行っても大丈夫!

【参考】ソニーが従来より約2倍の処理能力を持つ次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の4Kブラビア発表

……ところで、新世代テレビの本命「有機ELパネル」って何?

 これまでのテレビで紹介した説明の中でも触れられている、「有機ELパネル」とは何でしょうか?

 液晶テレビがバックライトで画面を光らせる方法とは異なり、有機ELパネルは、パネル自身が発光することで、薄型・軽量を実現。高画質な映像を表現できる、新生代のパネルです。

 お値段はやや高めなものの、映像の美しさは、一度体験してしまったら忘れられないほどのインパクトがあります。これから4Kテレビを購入したい人は、有機ELパネル搭載のテレビがオススメです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。