人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.03

お墓掃除、一日市長、FM番組プロデュースも!ふるさと納税、驚きの体験型返礼品ランキング

数年前まで年収200万円以下であった。その年収でどうやって暮らしていたのか、と今なっては謎。しかし、それなりにやっていたのだろう。苦しかったことも思い出せないし、かといって楽しかったことも浮かばないが。

ただ、年収が低かった時のメリットはハッキリと分かる。それは税金、持たざるものは取りようがない、よって安かった。その税金額が僕の基準となっているので、人並みの年収をいただくようになった今、収めるべき額を払っているだけで異常に高く感じる今日この頃だ。

 父親が経営者だったので節税にはうるさかった。

当時は「節税、節税、うるせーオヤジだな」と自分には関係ないワードだと思っていた。しかし32歳、遅まきながら気になり出した節税。大人の階段登ってる感じがする、うれしい悲鳴ってこういった時に使うのが正しい、たぶん。

日々「節税」なるワードをググっていて、見つけたのが「ふるまる」というウェブページ。ここで取り扱う情報は「ふるさと納税」だ。

 「ふるさと納税」とは全国の地方自治体から応援したい場所を選んで寄附金を送る制度。一定額以上の寄附を行えば、住民税と所得税から還付・控除が受けられる。形式上は寄附だが、実質的には「納付先を自由に選ぶことができる納税」。寄附先の地域からは"お礼の品"を受け取ることができる、とも記載される。

 節税としての「ふるさと納税」にも引かれるが、なによりも興味を引かれたのが"お礼の品"なるキーワード。「特産品なんだろうなぁ......」、ウェブページを巡回してみると、想像を良い意味で裏切ってきた。

もちろん多くは特産品といった"モノ"だが、意外にも"コト"を提供する自治体が結構多いのである。言ってみれば体験型、そこでしか得ることのできない貴重な経験を返礼品としているのだ。今回は「ふるさと納税」による体験型のお礼を勝手にランキング形式とし、紹介していきたい。

まずは第5位から

岐阜県垂井町「お墓のお掃除/お墓参り代行」、寄附金額は10万円。地元の石材店がお墓の水洗い、敷地内の草抜きや掃除、線香上げ、献花をしてくれる。また、掃除前と後の比較写真も送ってくれるそうだ。

厳密に言えば、体験型ではないがモノでもないのでランクインさせてもらった。また、墓の清掃は人気の返礼品で。「ふるまる」で""と検索すると、全国津々浦々61件の同じ返礼品があった。

4

高知県室戸市「スキューバダイビング国際ライセンス取得3泊4日の旅」、寄附金額は40万円。地元の観光会社が事業者となり提供される。内容は、ホテル宿泊代3泊分、ライセンス講習代、器具レンタル料、移動交通費など。ライセンス取得の際の自己負担は、昼食のみってな具合。寄付金が高額なだけあり、中身の詰まった返礼品となっている。

続いて第3

 

香川県東かがわ市「一日市長」、寄附金額は100万円。

"東かがわ市長室にご案内いたします。市長室での記念撮影、職員への訓示などをご体験いただけます。"と説明文。しかし、これだけで100万円は強気の金額設定だと思うのは僕だけだろうか。

ちなみに、"1"つながりでいえば静岡県藤枝市は一日図書館長の権利を提供中。こちらは寄付金額1万円と良心的な価格設定。1日かけて市内の駅南図書館、岡出山図書館、岡部図書館の館長業務を体験でき、普段見ることができない閉架書庫や貴重な図書資料も見られるらしい。本好きにはたまらないお礼となっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ