人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.06

京都観光は「直進」せよ!清水寺も祇園も迷わず行ける鉄板観光ルート「東大路通」

歴史ある神社仏閣に“京都”を感じる東山

都会としての京都を楽しめる四条河原町。一方、祇園のバス停から東大路通側を進むと、歴史ある京都を味わうことができる。まず目にするのが、「祇園さん」の呼び名で親しまれる八坂神社だ。

全国の「八坂神社」の総本山にあたるこの神社は、慶応4年(1868年)まで感神院または祇園社と呼ばれていた。

なぜこの神社が今も人々に祇園さんと親しまれているのか。それはあの祇園祭がこの神社の祭礼だからだ。

はじまりは貞観11年(869)のこと。都をはじめ日本各地に疫病が流行する。そこで平安京の広大な庭園・神泉苑に、当時の国の数66か国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神をまつり神輿を送った。結果、見事に災厄が除去。これがきっかけで八坂神社は、朝廷から称えられる神社になったのだ。

それから1100年余の現在、ときに途絶えながらも祭礼が行われ、7月になると日本中から観光客が訪れる日本三大祭・祇園祭に発展した。

八坂神社の本堂。

八坂神社を奥へ進むと、公園らしき空間にたどりつく。ここは京都随一の桜の名所・円山公園だ。

春は言葉通り“桜吹雪”がこの場所で体験できる。

秋が深まる頃には紅葉も楽しめるので、風情ある円山公園をぜひ楽しんでほしい。

公園をある程度うろつくと、この門を目にするはずだ。

この向こうには、浄土宗総本山・知恩院が待っている。

国宝に指定されている三門。

建暦2年(1212年)に法然が亡くなり、弟子たちが廟堂(=霊をおまつりする場所)を建てたのが、知恩院のはじまりだ。

東山の華頂山の一帯に立つこの場所は、紅葉の名所としても知られ、秋にはライトアップを楽しむこともできる。

境内の内部は厳かな雰囲気が漂い、歩くだけで背筋が伸びる。

ただし、知恩院も清水寺と同様、2020年4月まで大改修を予定している。そのため一部拝観できないところもあるので、訪れる際は注意してほしい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。