人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.29

運動会で残念なパパにならないための準備事項

いよいよ運動会シーズン本番。10月8日の体育の日に運動会を控えている人も多いのではないだろうか。運動会では、親子参加の競技などがあるが、当日参加し、日頃デスクワークで運動不足で残念な結果にならないために今からできる準備をトレーナーに聞いた。

よくある親子競技!意外とハード!?

保育園や幼稚園、小学校などの運動会では、恒例の親子参加の競技。例えば、次の種目がポピュラーだ。

●子どもをかつぐ系

・子どもをおんぶしたまま走る
・親子竹馬競争(親の足の甲の上に、子どもの足を乗せて竹馬のようにして走る)
・親子騎馬戦(親が子を肩車して、子同士が帽子を取り合う)

●障害物系

・親子障害物競争(砂場や段差のあるところを走る、ものをまたいだりくぐったりするなど)

●普通の運動会競技系

・親子綱引き
・親子玉入れ

●脚光を浴びる系

・借り物競争

親子で参加するほか、よくお題として「マッチョなお父さん」や「イケメンのお父さん」などが出され、借り物になるケースも。

綱引きや玉入れなど、普通にやればいいものもあるが、保育園などでは子どもをかつぐ系がある。一人で走るときとはまた違ったパワーと注意が必要だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。