人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

衣類用消臭剤プラウドメン「スーツリフレッシャー」は出張や旅先でのマストアイテム

2018.10.01

ジャケット全体に5プッシュほどで効果を実感

 

スプレー缶ではないので、飛行機での旅も問題なし。

 コンドミニアム泊なので洗濯機を使えるのだが、型崩れしやすいエアコンの冷え対策ジャケットとストールの洗濯は無理。かといって首周りや腕など汗ばむ肌に触れるため、汚れは見えなくとも心なしか2日目夜にはニオイがこもっているような気がする。

 試しにスーツリフレッシャーをジャケット全体に5プッシュほどしたところ、汗のニオイは消えほのかに甘いシトラスの香りに包まれる。サッパリとしたいい香りだが持続力は少なく、1時間もすると布に鼻を近づけるとわずかに感じるくらい。“香害”の心配はなく、簡単にジャケットのニオイをリセットできた。

 ジャケットのほかに汗を含みやすくて洗濯しづらい帽子、取り外しにくいカメラのストラップ、布バッグの内側にもスプレーしたところ、これもいい感じ。

 帰りの飛行機の時間帯によるが、前日に着用したものは洗濯せずにスーツケースに入れることになる。少々贅沢な使い方だが、軽くスプレーしてからスーツケースに収めてみた。帰宅後にスーツケースをあけても蒸れたニオイはほとんどなかったのはうれしい。

 旅先だけでなく、スポーツジムで着替えたスーツにスプレーしておきシャワー後にさっぱりリセットされたスーツを着るなんて使い方もできそう。

 成分には「消臭液、精製水、香料、界面活性剤、防腐剤」とある。アウトドアウエアやバックパック、スポーツウエアにも使いたくなるが、界面活性剤や香料が入ったモノははっ水性や吸湿性といったせっかくの機能を低下させるので使わない方がいい。また、レーヨンやアセテート、皮革、和服など繊細な素材も使用できない。

 これからの季節は厚手の衣類となり、ニオイが奥に入り込んで落ちにくくなる。とくにウールやポリエステルは加齢臭や焼き肉のニオイがつきやすいとも。約300回スプレーできる15mLのスーツリフレッシャーミニ(600円+税)を持ち運び、ニオイが気になったらすぐにスプレーしておけば、衣類のケアはずいぶん楽になる。
 また、この夏は断水や停電など洗濯に困る場面も多かった。万一のときの不快感を軽減するためにも、身近に用意しておくといいだろう。

文/大森弘恵

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。