人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.30

愛車のガレージをゼロからフルオーダーメイドできる「ゲリラガレージ」とは?

 自家用車を収納するガレージは、どこのメーカーのものでもだいたい似通っているが、もしこれを完全に自分の好みに施工できたら? それも、「Marvelコミックのキャラが愛車を持ったら、こう作る」みたいな、SFチックで創造性豊かなものに仕上げられたら? きっと、あなたはメロメロになってしまうにちがいない。

 そんな少年の心をもった大人におあつらえ向きの、ガレージをプロデュースするのは、住宅・店舗の設計などを手がける(株)アルテハウス(滋賀県甲賀市)。同社のアート部門で、建築とアートの融合した製品の開発に携わってきた「GAF」が、2018年9月10日に「ゲリラガレージ」という名で新たに生み出したブランドだ。

『ゲリラガレージ』の一例

オリジナルシナリオからコンセプトが生まれる「ゲリラガレージ」

 「ゲリラガレージ」の製品は、サイズ、素材、色や装飾に至るまで、施主(オーナー)がすべて自由に決められるフルオーダーメイドとなっている。既製品にあるような形状などの固定観念にとらわれることなく、「アート」という括りでデザインをスタートさせ、完成の暁には大きな満足感を得られ、その気持ちは愛車を出し入れするときも同様、というふれこみ。

 気になるのは、自由度が高すぎて、どのようなデザイン・色のガレージが自分好みなのか、それをどう製作スタッフに伝えるべきなのか、オーナー自身が最初の時点で困ってしまう可能性。それを防ぐため、GAFは「オーナー様の趣味や求める理想の未来」を含め、あらゆる角度からヒアリングをして、それをもとにちょっとした短編小説(オリジナルシナリオ)を仕立てるという。そして、一番魅力的でユーモアもあるシーンを抜粋し、デザインコンセプトに落とし込むという斬新な手法をとる。

 例えば上に写真を掲げた、目のさめるような青いガレージのコンセプトは、「生きる環境を探索することによって獲得する価値。ひとつの空間に異なる事物が描かれる事で幻想的な物語空間を構成する。主人公(オーナー様)は、その物語空間から様々な創作を発想し体験をする事で自身や大切な人達の未来の扉を開いていく機会を創っていきます」というもの。そこから、「スペースオペラ」という固有名詞がガレージに与えられ、完成イメージとして「大胆なディープブルーグラデーションは手描きによるアートペイント。ルーフや壁面装飾は精密機械での加工を施し、愛車と住環境を輝かせる独特なオーラを放っている」が紡ぎだされ、オーナーも納得のガレージが完成した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ