人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モバイル決済、AR、VR、IoTなど2019年のスマホってどうなるの!?

2018.09.30

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はこれからのスマホはどう進化するか? 2019年のスマホ業界について議論します。

QRコード決済はFeliCaに至る前段階

房野氏:今、スマホ周りで、QRコード決済やAR、VR、IoTといったものが注目されています。これから2019年、それ以降と、スマホはどうなると思いますか。

ドコモのd払い

房野氏

法林氏:この座談会でも結構話したけど、QRコード決済は、やっぱりないかなと思い始めた。面倒くさい。すごく面倒くさい。アプリを起動して何かしてというのは、全然ナシですね。

法林氏

石川氏:店頭にQRコードが貼ってあって、それを読み取って決済できるといっていますけど、ユーザーが読み込んで、金額を入力して、決済のボタンを押して、払いましたよって店員さんに見せて確認してもらわなきゃいけないので、煩雑なんですよ。LINE Payの人に話を聞くと、QRコード決済はモバイル決済を普及させるための第一歩であって、本命はFeliCaだという言い方をしているんです。だからQUICPayとも手を組んでいる。ユーザー体験でいったら、明らかにFeliCaの方が便利。ただ、決済手数料の問題とかFeliCaが普及していないとかいろいろあって、そういう中で前段階としてのQRコード決済だと思う。今後は、QRコード決済をやりつつ、FeliCaでもサービスを提供している会社じゃないと生き残りが厳しくなっていくんじゃないのかな。QRコード決済が本命だとか、中国に追いつけ追い越せとか言っているけれど、それが本命ではない。

石川氏

法林氏:本当にそう思う。おサイフケータイの仕組み、広い意味でのFeliCaの決済サービスの方が、理にかなっている。みんな決済と言っているけど、決済じゃなくてもよくて、マクドナルドの「かざすクーポン」とか、モスバーガーも、あらかじめ注文したいものをアプリで決めておいて、お店で見せると買えるサービスがある。その見せるものをQRコードにするとかだったらアリな感じがする。決済のためのQRコードは、盛り上がってはいるけど、そうじゃないんじゃないかと思っている。

石川氏:先日、富士スピードウェイでKDDIの高橋社長と、これからQRコードが軸になるんじゃないかという話をしました。たとえば、シニアの人がインターネットに接触する際、QRコードを読み込ませて、そこから買い物ができるとか、チラシに載っている商品全部にQRコードが付いていて、それを読み取ることで買い物できるという世界観。インターネットとリアルをつなげるQRコードというのは、これからまだまだ普及してくると思います。

石野氏:なんか懐かしい。

石野氏

法林氏:ケータイ時代と同じだよね。でも、それだけQRコードはトリガーとしては、よくできているということなんですよね。スマホのこれからということでいうと、決済ができるキャリアと契約しないとダメだよね、というのが実はあるかな。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。