小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「モシュ印」に「コケ寺リウム」!秋の京都は苔旅が面白い

2018.09.29

秋の特別公開の寺院

 紅葉の季節に京都を訪れたら、秋限定(11月1日~12月2日)の特別公開も見逃せない。実施している場所については京都市観光協会の「秋の特別公開」を参照のこと。今回はその中のひとつ、金戒光明寺を紹介する。

〇金戒光明寺(特別公開)

 地元では「くろ谷さん」と呼ばれている「金戒光明寺」。法然上人が比叡山の修業を終えて1175年にこの地に庵を開いた浄土宗の最初の寺。法然上人を祀った御影堂(みえいどう)は昭和19年に再建されたもの。御影堂には法然上人の75歳の姿を表した坐像が中央にあり、向かって右わき壇に吉備観音像(重文)、左わき壇に文殊菩薩像を安置。特別公開では伝運慶作の文殊菩薩像(下記画像)や吉備観音像を見ることができる。

 吉備観音(千手観音)は遣唐使の吉備真備が唐にて19年の滞在の後、帰国した際に大嵐に遭い死を覚悟したときに観音様を思い浮かべ“南無観世音菩薩”を唱えたところ、ぴたりと海が穏やかになって無事に帰って来られたことから、荷に積んでいた香木で吉備観音を作ったという。隣には吉備真備の像がある。

 法然上人の生涯の一代記を表現した枯山水庭園「紫雲の庭」、幕末に京都守護職の命を受けた会津の松平容保の本陣になり、新選組発祥の間がある「大方丈」も特別公開される。大方丈の建物は焼失により昭和19年に建て替えられたが、幕末当時の間取りを忠実に復元、往時の状態を感じることができる。近藤、土方ら13名が老中から差配状をもらい松平公に面会に来た、いわば面接場所となったのが下記画像の間。近藤らは手前に座って松平公は一番奥にいたとされる。面接の結果、松平公に認められ壬生の浪士隊から新選組になった。

 大方丈内では、伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風」の屏風絵をも展示。また、日本画家の久保田金僊作の虎の襖絵も公開する。正面の襖絵は見る人によって3頭にも4頭にも見え、さらに襖には仕掛けがあり見る人を驚かせる。右端の虎は八方睨みの虎といわれ、どこから見ても虎と目が合う不思議な絵。

 江戸時代末期に建立された山門の楼上内部も特別公開。山門の天井一面には「蟠龍図(ばんりゅうず)」が描かれ、宝冠釈迦如来像と文殊菩薩、普賢菩薩の釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されている。四方を見渡せる山門からの景色も絶景だ。

「知恩院と金戒光明寺は山城形式に作られており、京都の3分の2を見渡せるため、家康公は何かあるときは知恩院か金戒光明寺使えと命じ、天守閣のような役割を担った。幕末に治安が乱れたとき、御所にも近く三条通も抑えられ、4万坪の敷地に当時は52ヶ寺あったことから駐屯地として確保できたなどの理由から、会津藩がここを砦として京都守護職の本陣を置いた。山門上からの撮影は近隣のプライバシーもあるので禁止しているが、晴れていると大阪のあべのハルカスも見えるので、絶景を楽しんでいただければ」(執事 橋本周現さん)

 また金戒光明寺ではあることで有名になった仏像がある。「五劫思惟阿弥陀仏」は五劫という気が遠くなるような長い時間修行して、髪の毛が伸びてうずたかく螺髪が重なってしまったという、時の長さを表現している仏像。その髪型がSNSなどでアフロヘアにも見えると話題に。「五劫思惟阿弥陀仏」がデザインされたカラフルな金平糖も販売されているので、おみやげにぜひ。

【AJの読み】苔アートに特別拝観と、秋の京都散策はもりだくさん

「モシュ印」「コケ寺リウム」は間近で見ると質感や精巧さがよくわかるので、ぜひ本物の作品を見て欲しい。寺院内に展示されているので、実際の御朱印や建物、庭を見ながら、モシュ印、コケ寺リウムの再現性の高さを比較して楽しむのも面白い。

 観光と共に楽しみなのが食だが、今回は6月にリニューアルされて、宿泊施設も備えたオーベルジュとして生まれ変わった「南禅寺参道 菊水」でランチの「湯豆腐コース」(税別5000円)をいただく。汲み上げ湯葉重ね盛り、豆乳西京味噌だれ、鱧笹寿司、鱸昆布〆、揚げ物などのコースメニューで、メインの湯豆腐は、九条葱や紅おろし、削り鰹を添えた醤油だれと、擂り生姜をいれた吉野あんの二種類で。庭を眺めながらの食事は優雅な時が過ごせる。三千院観光の昼食やアフタヌーンティーにおすすめ。

文/阿部 純子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。