人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅勤務で集中力を高めるために必要な10のポイント

2018.09.25

在宅勤務で集中力を高めるための10のポイント

子育てや介護などで、これから在宅勤務を予定している場合、環境が変わることで、仕事への集中力を含めた管理はしっかりする必要がある。家田さんは、在宅勤務で集中力を高めるためのポイントを次の10個挙げる。

1.ひきこもらない
2.仕事専用の場所を確保する
3.仕事前に着替える(仕事モードに切り替える)
4.タバコやお昼休憩などは普段と同じように過ごす
5.1日に1回Web会議などをして上司、同僚と会話をする
6.1日のスケジュールを公開し、時間を区切って仕事をする
7.集中して資料の作成が必要なときなどは、保育園や介護ヘルパーを利用するなどして工夫する
8.定時に終えるよう仕事を組み立てる(在宅勤務時は残業を許可しない企業は多い)
9.集中力が途切れそうなとき、チャットを有効活用して気持ちを切り替える
10.常に自分の状況を上司や同僚に発信する

「基本的に、会社で仕事をしていたときと同じように仕事場の環境を自身で作り、仕事着も同じものを着用。休憩すら普段と同じように過ごすことで、習慣化による仕事への集中力が自然と生まれ、続くものです。また、重要なのは部屋に一日中ひきこもることなく、また、自分の業務スケジュール、内容、状況を逐一、チャットなどで共有することです。これにより、会社で仕事をしているときと同じように、情報共有、互いに何をしているかの把握が可能になり、安心感が生まれます。その他、集中の妨げになると感じたら、保育園や介護ヘルパーなどアウトソースを利用するのも考えましょう」

大事なのは、職場での仕事習慣をできるだけ自宅でも守るということ。そしてその都度、社内SNSやチャットなどを活用してスケジュール、情報の共有や報告、相談などを行うこと。ときにはチャットで雑談といったことも集中力持続に役立つかもしれない。

こうした内容すべてをスムーズに行えて初めて、自己管理能力があると言えるのかもしれない。

【取材協力】
家田 佳代子さん
総務省テレワークマネージャー/日本テレワーク学会会員
母親の介護、育児のWケアのため介護離職を経験、メーカーにてテレワークシステムを導入、介護をしながらの業務を可能に。大手人材系SIerにてワークスタイル変革事業立上げ、総務省テレワーク実証事業の事業責任者を歴任、合同会社ジョイン設立 代表兼CEO務め今後のテレワーク導入の動きについて積極的に発信している。
https://join.k-i.net/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。