人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

助っ人的に働く新しい働き方「副業採用」とは?

2018.09.22

副業採用の当初のねらいはどう実現したか

採用後、ねらいとしていたノウハウ構築や新たなカルチャーの醸成、イノベーションなどは実現されたのだろうか。

●ノウハウ構築

「当社は、企業のInstagramやTwitterなどソーシャルメディアアカウントの運用代行を事業として行っていますが、実際にSNSで影響力を持った“インフルエンサー”として活躍している方に助っ人として入っていただき、投稿する画像のクリエイティブ制作やハッシュタグの設計などを行ってもらう場合があります。インフルエンサーならではの視点や運用の際の注意点、炎上リスクの観点など、スキルを持った助っ人人材だからこそのノウハウを社内で得ることができました」

●新たなカルチャーの醸成・イノベーション

「助っ人採用で入ってくる方は、自分のスキルをさらに発揮したいと、向上心や意欲、ベースのスキルが高い方が多いので、周りの社員にも良い影響があります。また、社員はサイバー・バズ以外の世界を助っ人の方から知ることができるので、新しい価値観を知ることもでき、そこが刺激になっていると思います。また、助っ人社員の方のキャリア観について垣間見ることができるのも、当社の社員にとっては『多様な働き方を知る』といった意味でも良いのではないでしょうか」

「時間」ではなく「成果」評価主義

ところで、気になるのが副業者の評価。どのように下されるのか。

「当社は、『時間』ではなく、あくまで『成果』がどうだったかという部分を見ています。例えば、人事の助っ人であれば、ダイレクトリクルーティングのスカウト活動を手伝ってもらっていますが、『スカウトで月に1次選考通過者を○名出す』といったような成果目標を置いています」

副業採用例~インフルエンサー

実際、どんな人物が助っ人として活躍しているのか。副業採用の成功事例として、インフルエンサーの大田くるみさんの採用がある。

「現在、企業のSNS公式アカウントの運用を代行するサービスにおいて、普段インフルエンサーとして活躍している女性に、当社の助っ人として、専門スキルを発揮していただいています。元々、ブロガーとして人気だった彼女ですが、現在はInstagramにおいても人気のインフルエンサーです。委託している業務としては、クライアントのアポイントに営業担当者と同行してもらい、インフルエンサーならではの視点を活かした提案などを行ってもらっています。また、実際に投稿するクリエイティブ画像の撮影・制作や、ハッシュタグ(#)の設計などにおいても携わり、幅広く活躍してもらっています」

大田くるみさんInstagramアカウント

サイバー・バズの副業採用は、まさに“助っ人”的に採用しているところがユニークだ。会社によって、副業といっても業務形態や仕事のやり方は大きく異なってくるだろう。

今後、他企業でも副業採用がどんどん増えていくと予想されることから、ビジネスパーソンにとってはチャンスも期待できる。各企業が求める副業者像をよく知ることがポイントになりそうだ。

【取材協力】
株式会社サイバー・バズ
インフルエンサーを活用したプロモーション施策の企画立案や、企業のソーシャルメディアアカウント運用の代行サービスなど、ソーシャルメディアマーケティング事業を展開。
https://www.cyberbuzz.co.jp/

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。