人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.23

スウェーデン人の日本茶インストラクターが語る日本茶の魅力

普段、緑茶などの日本茶を飲む機会はどのくらいあるだろうか。日本茶のことを一番よく知っているのは日本人と思っているものだが、実は日本人よりも日本茶をよく知り、深く愛するスウェーデン人男性がいる。今回は、彼に日本茶の魅力を教わってみよう。

日本茶とのラブストーリー

©︎ Klara Maiko

日本茶インストラクターとして日本茶の普及活動に取り組むブレケル・オスカル氏は、高校生のときに日本茶に魅了され、スウェーデンから日本へ移り住んだ、日本茶をこよなく愛するスウェーデン人だ。どんな風に日本茶に惹かれていったのか。

「日本の文化へのゲートウェーとして日本茶を初めて味わったことは、私と日本茶とのラブストーリーの第1章でした。その後、日本の映画を観たり、歴史の本を読んだりした中で日本に対しての憧れができましたが、遠いスウェーデンからそう簡単に日本には行けなかったため、代わりに母国で常滑焼(とこなめやき)の急須で日本茶を淹れたりしました。もちろん、当時は日本の文化にまったく詳しくなく、漠然とした感覚で“いいな”と思い、自分が想像していた日本人の質素な精神は、お茶を飲めば少しわかるようになるのではないか、などと思って飲んでいました。気づいたらそのユニークな香味にも惹かれて毎日飲むようになってきました」

オスカル氏は、毎日の生活の中で、日本人よりも日本人らしい日本茶の飲み方をしているようだ。

「まず起きたら、すぐケトルをつけてお湯を沸かします。特に私のような朝が苦手な人は、朝一に急須で日本茶を淹れないと何も始まりせん。ほどよく渋味が出るようにやや熱めで淹れて良い目覚ましになります。打ち合わせなどで出回っているときは、ペットボトルのお茶を飲みます。週末または平日に夕方頃、休憩が取れれば、香り高い高級煎茶または旨味が凝縮された煎茶で一区切りをつけて気分を落ち着かせます。夜はほうじ茶などでリラックスします。徹夜のときはそのまま煎茶を何度も飲み続きますが…(笑)」

日本茶を飲み始めて起きた変化

オスカル氏は、日本茶を飲み始めてから、体調面と精神面に変化が起きていると話す。

●体調面

「私は出張が大変多く、2017年の出張合計日数は143日。海外にも頻繁に行きますので、時差ボケや身体への負担が多いです。それでも風邪を引いたり熱が出たりすることがほとんどなく、元気でやってこれたのは日本茶のおかげだと思います」

●精神面

「大げさに聞こえるかもしれませんが、“より平和な人間になった”と思います。日本茶さえあれば一息つき、心を落ち着かせることができます。これにより、起きた問題などに対して冷静に取り組むことができ、軋轢が発生せずに、仕事もプライベートも、よりスムースに進むようになったように思います。私の友人の中でも、日本人外国人問わず、似たようなことを実感している人がたくさんいます。このようにプラス面がたくさんある日本茶をより多くの方に広めることができれば、少しずつ平和な世界を作ることができると思っています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。