人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新iPhoneに買い換えるべきか、スルーか見極めのポイントはココ!

2018.09.20

プロセッサ強化は限定的。カメラはデュアルカメラの「ボケ」が魅力

ディスプレイ以外の新モデルのポイントとしては、ホームボタンの廃止と顔の立体形状を認識する生体認証の「Face ID」の採用、新プロセッサのA12 Bionicなどが挙げられる。あとiPhone XS/XS Maxのデュアルカメラもポイントだ。

まずホームボタンなしの操作は、すぐに慣れることができるので、大きなメリットではないもののデメリットとも言えない。ホームボタン廃止に伴って導入されたiPhone XよりFace IDは、認識速度・精度ともに非常にレベルが高く実用的だが、「マスク着用時に使えない」「晴天下など明るすぎると認識に失敗しやすい」といった欠点がある。しかし一方でTouch IDと違って手袋をしていても使えるし、肌質でTouch IDの反応が悪い人はむしろFace IDの方がオススメだ。

新プロセッサのA12 Bionicは、若干微妙な面もある。アップルの製品情報ページによると、CPU性能はA11 Bionic比で約15%高速とある。これまでもiPhone新モデル発表時は、前モデルのプロセッサ比で○○%前後高速などと謳われてきたが、15%という数字はおそらく過去最低だ。

一方でA12 Bionicプロセッサ内に追加された機械学習処理機能「Neural Engine」は、機械学習フレームワーク「Core ML」を最大9倍高速に動作させると謳われている。この性能向上の幅はケタ違いで、こちらは過去最高と言えそうだ。Neural Engineはたとえば写真の検索やARなどで効果を発揮するので、そうしたビジュアル用途を重視するならば、A12 Bionicは抜群に効果を発揮しそうである。

デュアルカメラについては、すでにiPhone 7 Plus以降の5.5インチモデルやiPhone Xに採用されているが、今回発表のモデルではiPhone XS/XS Maxがデュアルカメラを搭載している。iPhoneのデュアルカメラは主に背景をボカしたり照明エフェクトを追加する「ポートレート」モードで使うのだが、実は今回、シングルカメラのiPhone XRでも、機械学習による被写体検出などにより、ポートレートモードの利用が可能になっている。おそらくデュアルカメラ搭載のiPhone XS/XS Maxの方がエフェクト精度が良いなどのメリットはあると思うのだが、ポートレートモード自体、常用するものではないので、そこまで使い勝手に影響するポイントでもないとも言える。

ただし、iPhone XS/XS Max/XRのポートレードモードは、iPhone Xまでは出来なかった被写界深度調整も可能になっているなど、過去のデュアルカメラ搭載機種よりは強化されている。写真にこだわる人にとっては、魅力的な新機能となっている。

また、iPhone Xシリーズが搭載するインカメラは、Face IDにも使う「TrueDepthカメラ」という奥行きを測定できるカメラで、自撮り時にもポートレートモードが使える。自撮り重視の人ならば、TrueDepthカメラも魅力的な機能だ。

ポイントはやはりディスプレイ。コスパの良いiPhone XRもオススメ

ディスプレイの縦横比率が19.5:9になったことで、多くの利用頻度の高いアプリで利便性が向上しているが、その一方で片手操作が困難なくらい大型化している。iPhone Xシリーズに買い換えるかどうかは、「19.5:9のディスプレイが欲しいかどうか」にかかっていると言って良いと思う。

もしディスプレイに魅力を感じない(あるいは片手操作しにくくてイヤと感じる)のなら、ほかの新機能はちょっと小粒気味なので、それだけでiPhone XS/XS Max/XRのコストに見合うかどうかは微妙だ。

iPhone XS/XS Max/XRのディスプレイがiPhone XS/XS Max/XRのコストに見合うかどうかは、個人の好みや手の大きさなど次第なので、本稿やアップルのWebサイトを読み、あとは店頭の実機展示などで大きさや見え方をじっくりと確かめることをオススメしたい。

19.5:9ディスプレイを使いたいけどディスプレイサイズよりもコストが気になる、という人は、iPhone XRもオススメだ。iPhone XRとiPhone XSの価格差は3万円弱。実利用に影響のあるような機能差やスペック差は少なく、そもそもiPhone XSよりもディスプレイが大きくて電池も持つと考えると、iPhone XRのコストパフォーマンスはかなり良く感じられる。決して安くはないのだが、今回のラインナップの中では最安であり、ディスプレイサイズが気に入って、やや遅い発売日まで我慢できるなら、オススメのモデルだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。