人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.25

今夜仕事帰りに行きたくなる最強サウナ熱伝

独特の文体で人気の@DIME連載『カーツさとうの最強サウナ熱伝』。今回はこちらからオススメ記事をピックアップ。記事を読んでいるうちに、仕事帰りにサウナに寄りたくなるかもしれませんよ。

カーツさとうの最強サウナ熱伝

サウナの一番カッコ悪い入り方、ついに判明!

サウナの一番カッコ悪い入り方、ついに判明!

 先日、久しぶりにサウナ師匠たちと数人で一緒にサウナに入った。09999  そしてサウナを気持ちよく入るひとつの神髄を発見するにいたった!!  さらに一番カッコ悪いサウナの入り方というのも、この日、結論が出た!

【参考】https://dime.jp/genre/595031/

これが本当の極楽!クルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」の極上サウナ

これが本当の極楽!クルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」の極上サウナ

 大変申し訳ない話ですか、絶対うらやましがられるサウナ体験してきた! 『DIME』本誌でカジュアルクルーズ船『コスタ ネオロマンチカ』の取材をしたんだけど、その中にあるスパ施設『サムサラスパ』が、もちろんの如くサウナ完備! そしてまぁラグジュアリー! 本誌の方では書けなかった、そのサウナの魅力をここでジックリ熱込めてお届けする!

【参考】https://dime.jp/genre/582718/

エストニア・タリンで見つけた行列のできる世界遺産レベルの劇場型サウナ

エストニア・タリンで見つけた行列のできる世界遺産レベルの劇場型サウナ

 予告通り、今回はエストニアはタリンのパプリックサウナの話だ!!  サウナの名前は『Kalma sauna』!  場所は世界遺産にもなってるエストニアの首都タリンの旧市街の北側。タリン駅っていう駅が旧市街の北側に隣接してあるんだけど、そこからさらに5分ほど北に歩いたあたりにある。

【参考】https://dime.jp/genre/558813/

バルト海の自然を肌で感じる!フィンランドの魅力を満喫したい人はサウナへ行け

バルト海の自然を肌で感じる!フィンランドの魅力を満喫したい人はサウナへ行け

 これからの海外旅行は、目で見て、舌で味わって、なんていうのに加えて、 「肌で感じる!」  時代だ!! 「え〜ッ、ワタシはずっと前から海外行ったら街を肌で感じてるけどォ」  そんなことをいう人もいるだろう。でもそれって、本当はわかってんだか、わかってねェんだか、ただ気取ったこと言って自分一人で悦に入ってるみたいな気がしませんか?

【参考】https://dime.jp/genre/545754/

サウナの概念を覆す!?サウナーなら一度は行くべきヘルシンキの公衆サウナ『Hermanni』

サウナの概念を覆す!?サウナーなら一度は行くべきヘルシンキの公衆サウナ『Hermanni』

 行ってまいりましたァ〜フィンランドはヘルシンキィ!!  いや〜みなさん、聞いてください! ワタクシ、フィンランドにサウナ入りに行くのは、今回が4回目となりますが、ついに今までのサウナの常識を打ち破るような光景に遭遇してしまいました。  その目からウロコが落ちるようなショッキングな事実……もうサウナマニアならば絶対に知ってて損はない、ちょっと威張って話したくなる現実を、この記事ではしっかり書かせていただきますんで、もう目ん玉オッ開げて読んでいただきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/545789/

発見!サウナとあのカワイイ小動物の知られざる関係

発見!サウナとあのカワイイ小動物の知られざる関係

 先月の原稿が、フィンランドのみな様に大変受けていたという話を聞いた。サウナがモテない連中の溜まり場になる危惧の話ね。いやいや、本当におありがとうごぜェます。  で、今回はまったく別の話である。  あのさ、みんな絶対気付いてると思うんだけど、サウナ室に入ると、やけに姿勢が良くなる人っていますよね。

【参考】https://dime.jp/genre/536103/

サウナ最高!のホラ吹きとマジの怖い話

サウナ最高!のホラ吹きとマジの怖い話

 サウナは気持ちイイ! って話が、どんどん一般的になってくるのはいいんだけど、 「そりゃあ、話を盛り過ぎだよ!!」  ってのは辞めた方がいいだろ、普通に考えて。  本当にビックリしたのは“セックスより気持ちいい”っていってるヤツとかいるんだぜ、ネットとかに。  オンメェそんなワケねェだろがよ!!

【参考】https://dime.jp/genre/519811/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ