人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.21

ボルトは月の重力下でも最速か?

 陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で昨年引退したウサイン・ボルト氏が、航空機内で再現されたほぼ無重力の空間でシャンパンを飲む体験を披露した。

 これはシャンパーニュのメゾン「Mumm(マム)」が宇宙空間で飲むために特別にデザインされたボトル「Mumm Grand Cordon Stellar」をお披露目するイベントでの一コマだ。

 今回、DIME編集部はこのフライトに同乗し、ボルト氏の飲みっぷりに密着した。

無重力下でもいつものシャンパンを楽しめる「Mumm Grand Cordon Stellar」とは?

 まず、なぜボルト氏がこのイベントに参加したのかというところから説明しよう。実はボルト氏はMummのCEOでもあるのだ。CEOといってもChief Executive Officerではなく、Chief Entertainment Officerの略。ブランドアンバサダー的な立ち位置だ。今回Mumm社はボルト氏を始め、世界から40名程度のメディアを招待し、イベントを開催した。

 そもそも「Mumm Grand Cordon Stellar」は、その研究と実験に3年を費やし、宇宙で初めて楽しむことができるシャンパンとして開発された。Mummの目標は、シャンパンを完全な状態、つまりそのアロマ、飲み方のまま宇宙で体験できるものにすることだった。無重力という状況下でシャンパンを飲む、そんな突拍子もないことにも真摯に取り組むMummの挑戦していく姿勢にボルト氏は共感を覚えたという。 

 フランスのNovespace社が提供している無重力専用機「エア・ゼロ・ジー(Air Zero G)」を使ったもので、急降下と急上昇を繰り替えす放物線飛行によって無重力空間をつくりだす。今回、世界から40名程度のメディアを招待し、イベントを開催した。

これが無重力フライトへのチケット。

いざ、無重力の世界へ!

 まずは重力ゼロ状態になれるため、月と同じ1/6の重力下での練習を経て、ゼロGへ。急降下と急上昇を繰り替えす合間に無重力になるのだが、急上昇と急下降の間には通常の2倍の重力がかかる。普通の人では立っているのも辛いので、参加者は横になった状態からスタートしたが、ボルト氏はそんなのお構いなしに普通に立って耐えていた。

 無重力では本当にちょっと壁を押しただけで吹っ飛んでいく不思議な感覚だった。上下左右の感覚もあやふやになる。最初はバランスを取るのも難しく、天井にある紐や壁の手すりをつかみながら移動した。ボルト氏はさすがの運動神経ですぐに軽快な動きを披露。

 続いては、シャンパンの試飲だ。無重力下ではシャンパンは下の写真のような「シャンパン玉」のカタチで出てくる。我々メディアは無重力空間にプカプカ浮いた状態で、キャッチするのはあまりに難易度が高いということで、床に固定された状態で空中に放たれたシャンパンを“キャッチ”した。ボルト氏は無重力空間に放たれたシャンパン玉をグラスで軽々とキャッチ!

 ちなみに、気になる飲み口は重力がないせいで、シャンパンの気泡が空気中に逃げずにそのまま液体の周りをコーティングするため、口の入れた瞬間、ふわっとした香りが鼻に抜ける。泡がコーティングするからか、ちょっといつもと違う飲み口。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。