人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年で発売70周年を迎えたニチバン「セロテープ」と戦後日本GHQとの意外な関係

2018.09.18

戦後の文具三大ヒット製品とも称されるニチバンの『セロテープ』。今年6月には発売から70周年を迎えた。この節目にあたり、『セロテープ』の製品パッケージのデザインを10年ぶりにリニューアルし、9月以降、順次切り替えていく。

『セロテープ』は、セロハン、粘着剤、巻心など原料のほとんどが植物由来の天然素材で作られている。新パッケージでは、こうした特徴を訴求するため、人と地球へのやさしさを表現した丸みを帯びたデザインになっている。

「天然素材」の文字を表記することで、環境負荷が少なく安心して使える製品であることも発信。また、発売70周年にあわせて、9月以降にセロテープ関連製品の発売や70周年記念 ユーザーキャンペーンの実施やアート支援などの販促活動を行っていく。

ニチバンの「セロテープ」について

(1)ヒストリー

ニチバンの『セロテープ』の歴史は、戦後日本に駐留したGHQからの依頼から始まる。当時GHQは大量のセロハン粘着テープを必要としていたため、アメリカからの輸入ではなく日本で生産するよう、1947年12月、日絆工業(現ニチバン)に製造を打診。

ニチバンは絆創膏の技術を応用し、1ヶ月後の1948年1月に試作品の製造に成功。その後改良を重ね、製品名を『セロテープ』として1948年6月に日本国内での一般向け販売を開始。

発売当初はものを貼るのにテープを使う習慣が無かったため、使い道を理解してもらうために宣伝カーが全国を巡回するなど、地道な普及活動を展開し、その結果、「油性マーカー」「ボールペン」と並ぶ戦後の文具三大ヒット製品のひとつと称されるまでに成長した。

製品パッケージの変遷

(2)天然素材について

大きく分けて次の3つの天然素材で作られている。

1)テープ基材:セロハン
セロハンは、紙と同じように木材パルプを原料とした天然素材。廃棄後は植物と同様に微生物によって分解され土に還る。カーボンニュートラルな素材であるため、焼却時の新規のCO2発生もない。

2)粘着剤:天然ゴムと天然樹脂
粘着剤はゴムの木の樹液を主成分とする天然ゴムと樹皮から分泌される天然樹脂が主成分。

3)巻心:再生紙
天然素材が主成分であるため、新たなCO2の発生も少なく、低カロリーで燃焼。2006年8月から本格運用を開始した「バイオマスマーク」の認定商品(認定番号:050236)となっている。

ニチバンhttp://www.nichiban.co.jp/

構成/KUMU

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。