小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SUBARUの新型「フォレスター」 X-BREAKとプレミアム、買うならどっち?

2018.09.22

一方、17インチのオールシーズンタイヤを履く、より悪路に適したX-BREAKは、さすがにタイヤサイズとタイヤのキャラクターの違いから、ステアリングの応答性はほんの少し穏やかになるものの、それでも乗用車感覚の操縦性を確保。プレミアム同等の快適性も併せ持っていた。

ただし、X-BREAK独自のオレンジ色の加飾は、特にインテリアではステアリングやシートなどのステッチに納得できても、エアコン吹き出し口、センターコンソール回りのあしらいはやや派手すぎ、というか子供っぽい印象を受けたのも本当だ。

試乗中、首都高の渋滞に巻き込まれたのだが、アクセル&ブレーキ+ステアリング制御を盛り込んだ、全グレードに標準装備される最新のアイサイトツーリングアシストに含まれるACC=全車速追従機能付きクルーズコントロールは、国産車ベストと言っていい追従性を含む高い先進性能に持ち合わせていた。渋滞中でのノロノロ運転でもしっかりと前車に追従し、0~120km/hの範囲で車線の中央を維持してくれるのはもちろん、料金所などからの再加速性能にもまったく不満がなかったからだ(国産車では再加速性能が穏やかすぎるACCも少なくない)。

新型フォレスターにはe-BOXERと呼ばれるHVシステム、ドライバーモニタリングシステムを搭載したアドバンスグレードも用意されるが、街乗り中心の乗り方なら静かさや燃費の良さでアドバンスを薦めるが、高速走行の機会の多いユーザーには、比較的高い速度域で気持ち良く、燃費も伸びる水平対向直噴2.5Lエンジンを積むグレードが適していると思えた。ちなみに、最近では水平対向独特の鼓動が薄まったとはいえ、水平対向エンジンらしさをより感じさせてくれるのはこちらのほうだ。

最後に東扇島の川崎マリエン川から横浜みなとみらい間の実燃費を報告しておくと、HVのアドバンスの13.8km/Lに対して、ガソリン車のX-BREAKは11.8km/Lだった。X-BREAK のJC08モード燃費は14.6km/Lなのだから(80%)、優秀である。ちなみに、愛犬を乗せてオンロードをドライブする機会の多いボクが買うとしたら、現時点で販売比率40%という一番人気、HV、e-BOXERのアドバンスになるだろう。よりスムーズでトルキーな走りっぷり、車内の静かさや燃費の良さに加え、免税で、2.5Lガソリンの最上級グレードとなるプレミアムと実支払額がほとんど変わらないからだ。

スバル・フォレスター
https://www.subaru.jp/forester/forester/

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。