人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.20

思わず見た目に騙される雑貨4選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

私たち人間は1日に数千回もの判断を行っていると言われる。すべてを意識的に行っていては判断が追い付かないので、そのほとんどは無意識的に行っているわけだが、今回紹介する雑貨たちはそんな私たちに対して挑戦的とも言える雑貨たちだ。その見た目から一般的に想定される用途とは異なる正体を持った雑貨たちは、そうした無意識的に行う判断に誤りをもたらすからである。

それでも団扇だと言い張る『Uchiwa for more trees』

「more trees」という森林保全団体がある。音楽家・坂本龍一氏が代表を務める団体で、「もっと木を」のコンセプトの下に集った世界100名以上のメンバーからなる団体だそうである。木と人を繋ぐ取り組みとして木材を使用した製品を多く手掛けており、この『Uchiwa for more trees』もその1つ。見た目は完全に卓球のラケットである。このデザインがまさにそうだし、素材が木である点まで含めて卓球のラケットとの一致率は100%に近い。流行りの人工知能に判断させようものなら「これは卓球ラケット」の結論を導くだろう。しかし、これはあくまで団扇。税込み1,575円で販売されていたが、残念ながら現時点では販売は終了してしまっているようだ。代わりと言ってはなんだが、公式サイトでは木を使用した様々な製品が販売されているので、ぜひ一度覗いてみてもらいたい。

インダストリアルなデザインが洒落た『C.D.W. Incense Stand “Black×White”』

こちらの製品、見た目は完全にペンキ缶。しかし、製品名にあるように実はインセンス(お香)スタンドになっており、使用するときは蓋を外して中にインセンスを立てて使用する。口の広い缶の中にインセンスを立てるので、インセンスに直接風が当たることがなく屋外での使用もできそうである。何より、燃えたインセンスの灰は本体の中にそのまま落ちるので、受け皿を別に用意しなくてもいい点も楽で良い。価格は税抜き2,800円で「DETAIL INC.」のHPから購入することができる。今回紹介したタイプ以外に「Navy×White」のカラーバリエーションも販売されている。ちなみに、よく見ると本体の側面には大きく「INCENSE」と書かれているので嘘をついているわけではないのだが、それでもこのデザインは明らかに確信犯である。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。