人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.17

3位は「ファーストリテイリング」、2位は「東レ」、では1位は?繊維・アパレル業界の年収ランキング

コミュニケーション力はもとより、「オシャレ偏差値」が高くないと入れなさそうな繊維・アパレル業界。加えて業務量も多そうな同業界だが、その中で「年収が高い会社」というといったい、どこになるのだろうか?

今回、そんな繊維・アパレル業界における「年収の高い企業ランキングTOP10」を発表する。なお本ランキングは、年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」のユーザーが投稿した情報をもとに、繊維・アパレル業界に属する平均年収が高い企業をまとめたものだ。

繊維・アパレル業界の年収ランキング

トップは「旭化成」。2位の東レに90万円近くの差をつけての圧倒的1位だった。早速、10位から順番に社員の声を見ていこう。

10位:ストライプインターナショナル(平均年収303万円)

「基本給は最終学歴ごとに異なり、大卒の場合は19万5000円でした。毎月手取りが18万円前後でした。給与は他社と比べても大卒入社の平均くらいは貰えると思います。賞与は、基本は給料の1か月分でした。店舗配属の場合、お店の売上と自己評価のシートの2つで判断されます(※)」
(ショップスタッフ/20代前半女性/年収220万円)
※2013年度に関する投稿

9位:ユナイテッドアローズ(平均年収307万円)

「一日の勤務時間は長く感じますが、休日数が多いため、月給は妥当だと感じます」
(ショップスタッフ/20代前半女性/年収350万円)

8位:パル(平均年収333万円)

「個人やお店の売上予算達成額に応じて毎月の給料にプラスされたり、ボーナスにプラスされたりするのでやりがいは感じました」
(ショップスタッフ/20代前半男性/年収300万円)

7位:オンワード樫山(平均年収338万円)

「上を見ていると結構もらっている。課長になれば、1000万円程度だろうか」
(代理店営業/20代前半男性/年収200万円)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ