人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽量ゴトク付き焚き火台「ニンジャファイアースタンド」が超便利な理由を3分で解説

2018.09.21

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

 2011年、変幻自在に設営できるニンジャタープで鮮烈デビューを果たしたパーゴワークス。その開発コンセプトは「実践的かつ実験的」で、現在も変わらず攻めたアウトドアギアを発表している。

 そんなパーゴワークスが2018年に発表したプロダクトの中でも、とくに注目なのが超軽量焚き火台「ニンジャファイアースタンド」だ。

重量はわずか280gで世界最軽量クラス

ニンジャファイアースタンド(1万3000円+税)。重量はわずか280gで世界最軽量クラスを誇る。組み立てただけではメッシュ部分の丸みがあるためか、ややスタンドが内側になり、華奢に見える。しかし、薪を載せることで安定感が増す仕組み。

収納ケースに入れた状態はまるで巻物のよう。太さはひもの閉め方によって異なるが、長さは40cmに満たない。バックパックやバイクの後部に取り付けるパニヤケースに入れてもじゃまにならないサイズに収まっている。

広げるとこんな感じ。火床のメッシュを左側に差し込み、スタンドやゴトクは右側のフラップ付き縦長スリーブにおさめる。飛び出ているチューブは火ふき棒+予備の脚だ。予備パーツまですべて収納できるのだから助かる。

キャンプ場で手に入る35〜40cmの薪を載せたところ。火床は36×36cmで、薪が大きく飛び出すことはなく安心して焚き火ができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。