人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20~30代の5人に1人がマッチングアプリを利用

2018.09.14

Q9. マッチングアプリを利用している同姓についての印象を教えてください。(複数回答)【n=664】

マッチングアプリを利用している同姓の人についての印象を聞いたアンケートでは、「現実社会と印象は特に変わらない」が25.9%と最も多く、「理想が高そう」が20.8%、「行動力がありそう」17.5%と続く。男性は同姓に対して、女性よりも「現実社会と印象は変わらない」という印象を持っている傾向にあり、女性は同姓に対して、男性よりも「理想が高そう」「行動力がありそう」という印象を持っていることがわかった。

【学生コメント】

全体としてだけでなく、アプリ非利用者においても「現実社会と印象は特に変わらない」が最も高い結果となりました。一方で、女性は「理想が高そう」「行動力がありそう」など、マッチングアプリを利用している人に対して特別な印象を持っている人も多く、男性の上位に入っている「恋愛に慣れていなさそう」「奥手そう」等と比較すると、男女間で持つイメージに大きく差があることがわかりました。

Q10. マッチングアプリを利用している異性についての印象を教えてください。(複数回答)【n=664】

マッチングアプリを利用している異性の人の印象を聞いたアンケートでは、「理想が高そう」が26.1%と最も多い回答となり、「現実社会と印象は特に変わらない」(23.8%)、「恋愛に対して不誠実そう」(19.9%)と続く。男性よりも女性の方が、マッチングアプリを利用している異性(男性)に対して「恋愛に対して不誠実そう」と思う傾向があることがわかった。

【学生コメント】

同性について質問したときとは順位が入れ替わる結果となり、マッチングアプリを利用している男性に対して「恋愛に対して不誠実そう」という印象を持っている女性が多いことがわかりました。TOP10に対立する印象(「恋愛に慣れていそう」と「恋愛に慣れていなさそう」など)がランクインしている中、「理想が高そう」に対して「理想が低そう」が入っていないことも含め、男女問わず、マッチングアプリを利用している人(特に女性)は「理想が高そう」という印象が強いことがわかりました。

Q11. あなたは、マッチングアプリを通して、何回異性と出会ったことがありますか。(単数回答)【n=248】

マッチングアプリを通して実際に異性に会った回数を聞いたアンケートでは「出会ったことはない」が39.1%となり、マッチングアプリ利用者の約4割は一度も異性と会っていないことが判明。性年代別で見ると、男性より女性の方が異性と会っている回数が多い傾向が見られる。特に30代女性の「5回以上」会った人の割合は他の性年代より高く、「出会ったことはない」の割合は低くなっている。

【学生コメント】

マッチングアプリを利用している理由として「気軽に・好きなときにできる/やめられるから」と回答していた人の割合を考えると、一度も異性と会ったことがない人が約4割というのは、決して多くはないと感じました。利用している・利用したことがある割合が最も少なかった30代女性が、最も多く実際に異性と会っている結果というのは、初婚年齢や労働環境など、30代女性が恋愛をし難い社会の状況を反映していると考えます。また、単純にこの結果のみから考えると、男性の5回以上会っている人の中にヘビーユーザーがいるということになります。どの利用者層でも4回が最も少ないことから、3回まででやめる/パートナーができるかどうかが境界となっているようです。

Q12. マッチングアプリ上のプロフィール情報で、相手に求める条件と、自身の公開しているプロフィールで選んでもらいたい条件を1位からお選びください。【第1位】(複数回答)【n=664】

マッチングアプリ上で公開されているプロフィール情報で相手に求める条件と、自身の公開しているプロフィールで見てほしい条件を聞いたアンケートにおいて、相手に求める条件1位として回答されたのは、「写真」(23.8%)、「年齢」(12.9%)、「性格」(12.1%)と続いた。一方見てほしい条件1位として回答されたのは、「性格」(26.6%)、「自己紹介文」(19.4%)、「写真」(12.9%)となり、相手に求める条件とは異なる結果となった。

【学生コメント】

相手に求める条件としては外見(写真)、選んでもらいたい条件としては内面(性格)が最も多い結果となり、現実社会とあまり変わらないように感じました。一方、「自己紹介文」というのはマッチングアプリならではだと思います。選んでもらいたい条件として5位にランクインしている「学歴」ですが、相手に求める条件として1位に選ぶ人は「血液型」の次に少なく、学歴社会と言われている反面、個人にとってはあまり重要ではないようです。

Q13. あなたは、ネット上での出会いが普及することに対してどのようにお考えですか。(単数回答)【n=664】

ネット上での出会いが普及することに対しての意見を聞いたアンケートでは「よいと思う」と回答した人が41.0%、「よくないと思う」と回答した人が8.7%となっており、よくないと思っている人の方が少数派であることがわかった。

【学生コメント】

Q7では過半数の人がマッチングアプリの利用に対して心理的な抵抗感を持っている、という結果でしたが、「よくないと思う」が少数派となり、ネット上での出会いに好意的である人も多いことがわかりました。マッチングアプリなどのネット上での出会いが増え、一般的になってくると、今よりも好意的に捉える人が増え、自身が利用することに対する考え方も変わっていくと考えます。一方、「よくないと思う」と回答した人の過半数は、犯罪が増加する恐れを理由として挙げており、新たな問題点も表れてくるのではないかと思います。

【調査概要】
1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」の
システムを利用したWEBアンケート方式で実施
2.調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国20~39歳の未婚で現在恋人がほしいと思っており、スマートフォンを所有していてマッチングアプリを認知している男女を対象に実施
3.有効回答数:664名
4.調査実施日:2018年7月12日(木)~2018年7月17日(火)
5.調査立案者:立教大学経営学部経営学科3年次1名

出典元:株式会社ネオマーケティング
https://www.neo-m.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。