人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.14

大手テレビ局・新聞社をおさえて1位になった企業は?マスコミ業界の働きやすい企業ランキング

高収入・好待遇の反面、激務のイメージが付きまとう大手マスコミ各社。その中でも「働きやすい会社」というと、いったい、どこになるのだろうか?

今回、そんなマスコミ業界における「働きやすい企業ランキングTOP10」を紹介する。なお本ランキングは、年間2000万人が訪れる企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」ユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」という、6項目における評価の平均点(総合評価)が高いマスコミ業界に属する企業をまとめたものだ。

マスコミ業界の働きやすい企業ランキング

NHKや朝日新聞社というテレビ・新聞の雄を抑えて1位に輝いたのは、リクルートホールディングス。早速、10位から順番に社員の声を見ていこう。

10位:凸版印刷

社員の声
「社内イベントは多数ある。休日はもちろん平日の業務時間を削り社内イベントの企画等作業を行うことは多い。その甲斐あってか社内は比較的風通しが良い。役職・年齢関係せずに質問・提案がしやすい空気となっている」
(生産・製造技術 20代後半 男性 年収480万円)

9位:TSUTAYA

社員の声
「(新卒社員と中途社員の待遇の違いに関して)基本中途採用ばかりの社員だったため、仲良く和気あいあいとした雰囲気で仕事ができていた。がんばれば評価される状況だったので、プロパーかどうかは気になったことがない」
(Web関連職 30代後半 女性 年収450万円)

8位:アマゾンジャパン

社員の声
「(女性の働きやすさに関して)性別は関係なく実力主義です。どんなプロジェクトにアサインされるかによって評価は変わってくるかと思いますが、それは男性でも同様かと思いますので、特に問題にはならないかと思います」
(人事 30代後半 女性 年収1200万円)

6位:J:COM(ジュピターテレコム)

社員の声
「(仕事の面白味・やりがいに関して)1日のスケジュールは自分で調整管理できるので、自己管理ができる人にとってはやりやすい。新規開拓は難しいが、契約できたときにとてもやりがいを感じる。何か月かに一度、トレーナーがついてアポイントの取り方や契約できるまでのトーク術を教えてもらうことがあった。トレーナーが一緒に契約をとるまで同行する」
(代理店営業 20代後半 女性 年収470万円)

6位:ドワンゴ

社員の声
「フレックス制があり、比較的自由に仕事ができたのではないかと思います。女性も多く働いており、時短で働いている人もいました。福利厚生も整っていたと思います。社内にカフェやオシャレな休憩スペースがあり、利用しながら仕事に取り組むことができます。また、ミーティングスペースとしても利用していました」
(その他職種 30代前半 男性 年収480万円)

5位:サイバーエージェント ~朝日新聞社と無料のインターネットテレビ「AbemaTV」を開局~

1998年に創業。順調に成長を続け、現在は従業員数4000名超(連結)に。インターネット広告、ゲーム事業のほか、「AbemaTV」などのメディア事業を展開。勤務先の2駅圏内に住むと月3万円を補助する制度や、40歳から受け取れる業績連動型の退職金制度。その他、女性活躍促進のための「macalon」、技術者支援のための「ENERGY」など、多様な社員が満足できるユニークな制度を用意している。

社員の声
「組織の重要な意思決定を、若手が行える機会がたくさんあることは非常に良いです。自らあらゆる可能性を考慮し、組織の目標達成のための事業戦略から日々の業務までさまざまなことを決断することができ、会社としてもそれを求めています。トップダウン的にやるべきことが降ってくるわけではないので、納得感も非常にあり、学べることがたくさんあります」
(営業企画 20代前半 男性 年収500万円)

「ほとんどの社員が仕事好きなので残業している方は多くいます(※)。ただ、出社時間も少し融通が利くのでそれほど負担には感じていません。また、あまりにも残業が多い場合は会社から注意喚起があります。休日もイベント時などは発生しますが、代休もきちんと取れるので、問題ないと思います」
(制作ディレクター 30代前半 女性 年収500万円)
※2016年度に関する投稿

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ