人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.13

ついに大画面になった第4世代Apple Watchの注目機能はコレだ!

大型のディスプレイと電気心拍センサーを採用

米Appleは9月12日(現地時間)、デザインと設計を一新し、健康管理を手助けするApple Watch Series 4を発表した。

オリジナルのデザインを引き継ぎながら、第4世代のApple Watchはより洗練された。ディスプレイは従来より30%以上大きくなり、より薄く、よりコンパクトなケースにシームレスに一体化する一方、インターフェイスが新しくなり、これまで以上に多くの情報を表示できるようになった。

watchOS 5を搭載する『Apple Watch Series 4』は、革新的な健康機能を提供する。FDA(米国食品医薬品局)によるデノボ(De Novo)分類済みの、ECGアプリを使って心電図を取ることができる、電気心拍センサーを備えたのだ。

デザインを一新。基本性能も大幅に向上

一見すると前作までとあまり変化がないように見えるApple Watch Series 4だが、実はデザインと設計を基本から一新している。40mmと44mmの2つのサイズで提供される。前述のとおり、画面は約30%サイズアップし、カスタム64ビットデュアルコアプロセッサを持つ次世代のS4チップを搭載。2倍のスピードを実現しながら、バッテリー駆動時間は最大18時間となっている。

また、スピーカー音量を従来比50%拡大、電話での通話やSiri、トランシーバー利用を快適にする。

Apple Watch Series 4の背面はゴージャスな黒のセラミックおよびサファイアクリスタルで構成されており、電波が簡単に前面から背面に通過できるようになっているため、携帯電話の通信機能の質も向上している。そして、特長であるDigital Crownにクリック感が加わり、よりメカニカルで感覚的な感覚が得られる。

ユーザーインターフェイスは拡大したディスプレイに最適化されており、アプリのアイコンや文字がより大きく、読みやすくなった。新しい文字盤は、自由にカスタマイズできるインフォグラフ文字盤から、深呼吸のタイミングを知らせつつアニメーションが動く呼吸文字盤まで、Series 4ディスプレイの利点を最大限に活かしている。さらに、ヴェイパー、リキッドメタル、火と水をなど動きのある文字盤は、ケースのカーブした縁にユニークに映えるデザインだ。

心電図はどうやって計るのか?

Apple Watch Series 4はECGアプリにより、手首から直接心電図を取ることができる。これはDigital Crownと背面のクリスタルの中の新しい電気心拍センサーに内蔵された電極を利用するもので、ユーザーはDigital Crownに触れ、30秒後に心調律のデータを受け取ることが可能。心臓が正常なパターンで鼓動しているか、あるいは重大な合併症につながる可能性のある心房細動 (AFib) の兆候があるかを分類する。また、全ての記録、症状はPDFでヘルスケアアプリに保存され、医師との共有もできる。

さらに、watchOS 5は、Apple Watchのバックグラウンドで断続的に心臓の鼓動を分析しているので、不規則な心臓の鼓動が検知されると通知を送る。また、心拍が特定のしきい値を超えて上下するとユーザーに注意を呼びかける。

転倒検出もユニークな機能のひとつ。最大32Gの重力加速度を計る加速度計とジャイロスコープに加え、転倒したことを特定するカスタムアルゴリズムを利用して、転倒の事実を把握する。もしユーザーが転倒したならアラートを通知し、通知後60秒間動かない状態の場合はApple Watchが自動的に救急車を呼び、同時に緊急時の連絡先に場所情報付きのメッセージを送る。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ