人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.13

iPhone XRは本当にお買い得モデルなのか?

カラフルボディは6色展開

米Appleは9月12日(現地時間)、「Apple Special Event」でiPhone Xsの高性能を身近にするiPhone XRを発表した。

オールスクリーンのガラスとアルミニウムのボディに、液晶の6.1インチLiquid Retinaディスプレイを搭載。ホームボタンを廃したオールスクリーンデザインはiPhoneXより踏襲。ボディ前背面に強固なガラスを配し、耐久性の高いアルミニウムフレームで質感は高い。

 

ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDとカラフルな6色展開も話題になっている。IP67等級に適合し耐水性能にも気を配る。

iPhone XSとの最大の違いは液晶画面の採用

iPhone XS/XS Maxとの最大の違いといえるのが、ディスプレイ。iPhone XRはLiquid Retinaディスプレイを採用、広色域対応のTrue Toneを採用し、自然な視覚体験を実現する。精巧に製造されたガラス、高度なピクセルマスキング、 サブピクセルアンチエイリアスにより、デバイスの曲面に沿ったディスプレイが実現し、さらに新しいバックライト設計によりディスプレイをボディの四隅まで広げることが可能になった。

最新のA12 Bionicを搭載。高速通信も可能

同時発表されたiPhone XS/XS Maxと同様、チップはA12 Bionicを採用する。スマートフォンでは初の7ナノメーターのチップで、電力効率も高い。最大15%高速な性能コアを2基、最大50%効率的な効率コアを4基持つ6コアアーキテクチャで、50%高速な4コアGPUと独自の画像信号プロセッサ(ISP)、ビデオエンコーダーなども上位機種同様に搭載されている。これらのテクノロジーにより、ゲーム、写真、ビデオ編集、グラフィックスを駆使したアプリケーションを快適に動かしながら、駆動時間はiPhone 8 Plusより1時間半も長くなった。

 

通信回線にはLTE Advancedを使用しており、高速なダウンロードが可能。また、nano-SIMとデジタルのeSIMを使ったデュアルSIMも搭載した。

より高速で安全になった顔認証システム、Face ID

ソフトウェアの最適化とSecure Enclaveの高速化により、Face IDが高速になったのも見逃せない。TrueDepthカメラシステムによる高度なスキャニングと精密な深度センシングテクノロジーにより、 ユーザが一目見るだけでiPhoneのロック解除、Apple Payでの支払い、アプリへのアクセスなどを迅速に利用できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ